(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年12月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真相が知りたい「中国がレアアース輸出枠削減」


尖閣諸島と同時期に開始された中国の「レアアース輸出制限」は欧米の批判をもろに受けて、その後の中国外交の眼の上のたんこぶになり兼ねない様相でしたが、ここにきて国内矛盾を露呈することになるのでしょうか。

国内生産の整備などと言っていますが、将来的に備蓄しておいて資産価値を高めようという判断のようなのですが、困れば新たな対応をするのは先進国のパワーであることを忘れているようです。

特に日本は資源の無い国ですので、その都度新たな対策を考案して対抗しています。レアアースなども輸入が困難で採算が取れないとなると新たな知恵を搾り出すのは得意中の得意です。

中国、レアアース輸出枠の削減を発表

中国政府は、希少な鉱物資源レアアースの来年前半の輸出枠を、今年の同じ時期に比べておよそ35パーセント削減すると発表しました。レアアースの輸出制限を強める姿勢を改めて示した形です。

中国商務省は2010年12月28日、2011年前半のレアアースの輸出枠を今年の同じ時期に比べておよそ35パーセント減らし、1万4446トンにすると発表しました。

中国政府は、資源の枯渇や環境の保護を理由にレアアースの輸出を制限する姿勢を強めていて、一部のレアアースの輸出関税率についても来年1月から引き上げることを決めています。

ハイテク製品の製造に使われるレアアースは世界全体の供給量の9割を中国が占めていて、今回の輸出枠削減決定による関連産業への影響が懸念されます。(2010年12月29日01:41:Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network:http://news.tbs.co.jp/)』

都市鉱山など言い廃材などから必要な資源を抽出する研究は確実に進んでいますし、中国以外の国での鉱山開発などにも本気で取り組み始めているようです。

いずれにしろ、中国に対しては米国がWTO提訴を検討するなど、本気で制裁を加える姿勢を見せています。更に今回のニュースにも反応しています。

中国共産党の結論は解りませんが貴重な資源として国内に温存することで世界をコントロールしようというのであれば、その戦略が生きるのは数年であることを思い知ることになると思います。

更に言えば、中国のレアアースが価値の無い「土」でしかなくなる可能性も否定できないと思います。その時になって慌てても誰にも相手にされないと思います。

自由主義経済に対する、共産党指導の統制経済がどこまで立ち向かえるかということでしょう。政治が経済をコントロールできないのは、欧米を見ても自明の理であると思うのですが、まだ、解っていないようです。


関連情報レポートリンク

【中国】