(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年12月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真偽が知りたい「中国の金融市場が資金不足に警戒感」


ヘッドラインを見て『【中国市況】資金不足に警戒感』遂に中国経済の発展も(つい)えたかと穿(うが)った見方をしてしまいました。

中国については、他にも日本に対する『レアアースで中国提訴検討 米が輸出制限批判 「WTO協定違反」』も飛び出しています。

日本との尖閣諸島に関連する軋轢や韓国との間の漁船転覆漁師死亡事件などと次々と歯車の噛み合わないような事象が惹起しています。

韓国と北朝鮮の軍事衝突について、国連安全保障会議での決議を無効に至らせるなどの行動が目立つようになり、ファー・イースト(極東)地域の不安定さを助長するようになっています。

中国共産党政権の計算は成立しているのでしょうか。

【中国市況】資金不足に警戒感

中国株式市場は3日続落。預金準備率の引き上げによる資金不足で企業の借り入れが困難になるとの観測や、北京市当局による新規制が自動車販売を抑えるとの懸念が広がった。

自動車大手の上海汽車(600104 CH)は前日比2.3%安と約4カ月ぶりの安値。北京市当局が新車台数を制限する措置を発表したことが響いた。北汽福田汽車(600166 CH)は4.5%の値下がり。

さらに、自動車向けの需要が落ち込むとの思惑から鉄鋼株も売られた。宝山鋼鉄(600019 CH)は0.2%安。武漢鋼鉄(600005 CH)は0.5%下げた。緑化サービス会社、雲南緑大地生物科技(002200 CH)は10%安。事業拡大資金が不足するとの見方が強まり小型株が軟調だった。

上海総合指数は、前日比20.06ポイント(0.7%)安の2835.16。CSI300指数は0.8%安の3162.96。(ブルームバーグ)(2010.12.25 05:00:産経新聞社:http://www.sankeibiz.jp/)』

それにしても、中国共産党の共産主義とは何なのでしょうか。

13億強とも言われる人口を7239.1万人とも言われる人口の5.5%人間が支配している構図はいつまで継続するのでしょうか。

最近では欧米の資本主義さえも凌駕する勢いの経済成長を支えているのは、人民からの搾取によって成立しているのでしょうか。

最近、眼にした資料によると、過去の中国の支配体制の崩壊の原因はすべてインフレーションによる経済的な打撃であるとの内容からみると、昨今の中国国内の経済にはその兆候がありありと現れてきているようです。

北京オリンピックや上海万博を景気浮揚に利用した結果が中国共産党による支配体制の崩壊に直結するのであれば皮肉なことです。菅直人首相と仙石官房長官を筆頭とする民主党による政府の中国に対する誤った対処によって誤解を与えているとしても、早晩、相手の体制が崩壊して元の木阿弥になるとすれば日本は神風によって守られている国という元寇以来の歴史は繰り返されるということでしょうか。

個人的には崩壊への秒読みが始まったような気がしてならないのですが、一昨年の米国から火の手が上がった経済崩壊が収束に近づいているような気がするのですが、次の火の手は中国からあがるのでしょうか。

個人的には米国の金融問題は世界に影響を与えましたが、中国の大火事の被害の大半は中国が被ることになるような気がしますし、中国に生産拠点をもち各国へ輸入している会社も同様であると思います。

韓国に生産拠点を築き上げた大半の日本企業は跡形もありません。第一の理由は「賃金の高騰」であったと記憶しています。

現在、一人当たりのGDPが日本の十分の一である中国の為替レートが中国通過の価値が2倍になると、何も変わらずに賃金が2倍になってしまうのです。中国の国際競争力の根源である労働力単価が低いということが足元から崩れ去る可能性があります。

この安い労働力はいつまでも続かないことは明白なので早晩この優位性は崩れ去ることは間違いありません。

レアアース」などを算出する優位性は保たれると思いますが、尖閣諸島事件後に日本への輸出を絞ったために欧米の怒り(レアアースで中国提訴検討)を買うことになり、中国共産党の狼狽振りが、ロシア提案の国連安全保障会議での「北朝鮮非難決議」を蹴飛ばしています。

いつまでも続くどころか、中国共産党支配が北朝鮮の政権崩壊の余波を受けて、始まるかもしれません。なんともいえなくなってきました。


関連情報レポートリンク

【中国】

1 2 3
1 2 3

  • 1
  • 1
  • 1

使用している数字等は、2010年08月00日の日本経済新聞等を参考にしています。

xxxxxxxx

龍王大神(りゅうおうおおかみ)