(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年12月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

素朴な疑問「滅菌せずにレーシック手術」


私は以前にも注射針を変えずに使い回しした医師などのニュースに接するとどうして「医師免許」の試験に合格して付与されたのかという疑問がわいてきます。

医療の中で衛生に最も注意を払わなければならないことは、患者でしかない私のも容易に想像できますし、ある意味常識といわれる知識ではないでしょうか。

利益を上げるためであるとすると、あまりにも医師としての自覚が足りないというような次元の話ではないと思います。

滅菌の進言、取り合わず 銀座眼科の手術で元院長

東京都中央区の銀座眼科(閉鎖)で近視矯正のレーシック手術を受けた患者が感染症を発症した事件で、業務上過失傷害容疑で逮捕された元院長溝口朝雄容疑者(49)が不衛生な状態で手術していたことについて、銀座眼科の職員が警視庁の事情聴取に「滅菌するように進言した」と話していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。  職員は「大変なことになるので、自分たちだけで滅菌していた。おかしいと思っていた」とも説明しているといい、警視庁捜査1課は、溝口容疑者がより多くの手術をするために職員の進言を取り合わなかったとみて実態を調べている。  捜査関係者によると、銀座眼科でレーシック手術を執刀する医師は溝口容疑者だけだった。角膜を薄く切り開くためのブレードと呼ばれる器具を複数の患者に使い回したり、手袋やマスクを着用せずに手術することがあったという。(2010/12/08 05:47【共同通信】:47NEWS:http://www.47news.jp/)』

被害者となった方は、抗議をするだけになってしまいます。

感染してしまったりした結果が完治することもなさそうですし、謝罪を要求していましたが、具体的には見舞金や慰謝料などを要求しているのでしょうか。

民事裁判をして、高額の見舞金や慰謝料の判決を獲得しても、支払能力がなければ意味を成しません。結局は民事裁判の判決は、下されるだけで履行されず守られなければ何の意味も持たないのです。

毎月1万円支払いますという「念書」を交わしても履行されなければ意味もありません。

裁判所の判決の履行を義務付ける機関が存在しません。

いくら裁判で勝ったとしても、相手に財産もなければ何にもならないのです。被害者は救われることはありません。

殺されたほうはひとつの命なのに、裁判所は二人以上殺したかどうかで死刑判決が左右されるようでは、何の落ち度のない被害者の命の価値の軽さが問題であると思うのですが、死刑判決がなかなか出ないのはほかに理由があるのでしょう。

責任の取り方の難しさが理解できると思います。被害者が回復されることは難しいのです。