(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年12月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

人類への朗報「眼球に電極で失明患者の視力回復」


ヘッドラインをみて驚いたのですが、記事の中身でも更に驚きました。

私は暗闇の世界が想像しかできないのですが、不便極まりないことは想像できます。

少しだけでも光を取り戻せると言うことは朗報なのでしょう。

眼球に電極、失明患者の視力回復 指で光追う、阪大で国内初

失明した患者の眼球に網膜を刺激する電極をつけ、光の動きを追えるまでに視覚を回復させたと大阪大大学院医学系研究科の不二門尚教授が5日明らかにした。

国内で初めての成功で、網膜色素変性症など視力が失われる病気の患者に朗報になりそうだ。

不二門教授は「2年後には大きな文字を読めるようにしたい。数年以内につえがなくても歩けるようになるかもしれない」と話している。

大阪大チームは2010年04月と07月、10年以上前に失明した網膜色素変性症の兵庫県の女性(72)と千葉県の女性(67)に、眼球の網膜の外側にある強膜に49の電極が付いた白金製のチップ(約7ミリ四方)を埋め込み、眼球内にも約1ミリの電極を一つ装着した。

女性の額に取りつけた電荷結合素子(CCD)カメラでとらえた映像を、体外のコンピューターで白黒映像に変換。この映像情報を、こめかみに埋め込んだ小型装置に無線送信し、装置につながったチップで網膜に電気刺激を与える仕組み。

刺激は視神経を通って脳に伝わり、視覚化。2人ともパソコン画面の光を指で追えたという。(2010/12/05 18:14【共同通信】:47NEWS:http://www.47news.jp/)』

考えようによっては、人間の体内の神経細胞の伝達には電気が使用されていると言うことでしょうか。微弱電流の割には大きな効果があがるようです。

医療が発達して障害が克服されていくことは嬉しい限りですが、死ねなくなりそうで辛くなるのではないでしょうか。

貴方は数百年生きてみたいでしょうか。

私はとてもじゃないですが、そんなに長生きはしたくないというか・・・。

でも、生きてみるのも面白いかもしれません。

私の息子が大ファンであった「ハイランダー」という映画の設定は、死ねない一族というか、首を体から切り離されると死亡するという一族で相手の知識をすべて継承するという設定でした。

一人で生き残るのは寂しいかも知れません。