(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年12月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

「Googleが検索アルゴリズムを修正」新たなるSEO対策は


私は検索エンジンに対する最適化の工夫をして自社が検索された時に上位に表示されるようにと言うことで「SEO対策」について様々な論議が交わされていることも熟知していますが、今ひとつ納得できないことばかりなのです。

今回は検索エンジンの雄である「Google」が「悪質な販売業者の表示を下位になるような検索アルゴリズム」に変更したというニュースです。

Googleが検索アルゴリズムを修正、悪質な販売業者の表示を下位へ

米Googleは現地時間2010年12月1日、同社の検索アルゴリズムを修正したと発表した。評判の悪い販売業者を検索結果が上位に現れないようにするのが目的だ。ただし、アルゴリズムの詳細については明らかにしていない。

今回の修正は、顧客対応が悪い業者の改善が将来も見込めないと考えたため。当該業者については、アルゴリズムによって検索結果の順位を下げるよう操作する。評判データの収集・分析方法やアルゴリズムの内容などは公表しない。その理由としてGoogleは、そうした情報を悪用して順位を不正に操作される危険性を挙げている。

Googleは今回のアルゴリズム修正に際し、特定サイトのブロックやレビューの感情分析、ユーザーレビュー結果の公表といった対応策を検討したという。しかし、いずれも悪質な業者を適切に排除できないことから、実装を見送ったと説明している。

[ITpro 2010年12月2日掲載](2010/12/2 23:00:日経BP:http://www.nikkei.com/)』

様々な論理展開はあるのですが、究極のSEO対策はテレビで徹底的にコマーシャルをうつということは「グリーで検索」で実証されていると思います。

検索エンジンで上位にくればというのは間違いないのですが…。

勿論ユニークな社名であれば、SEO対策もバッチリですが、世の中の人が知っていて検索エンジンの入力ボックスにその社名を入力して検索ボタンを押してくれなければ何の意味もありません。

いくら検索エンジンで社名が最初に出てきても意味ないのです。

本当の意味でのSEO対策であれば取扱商品やサービスをを検索された時に、上位に表示されなければならないのです。