(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年12月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

2010年12月01日 島根県安来市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの疑い


人に感染しなければ良いのですが、島根県安来市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる鶏が発見された関連で農林水産省は2010年12月01日、養鶏場の鶏から同ウイルスを検出したと発表しました。

「強毒性のH5N1型」であるかの判断はまだ時間がかかるということですが、気になるところです。

昨年のインフルエンザが騒がれた割に軽くすんだのは幸いであったと思いますが、強毒性のインフルエンザでは相当数の犠牲者が予想されています

鳥インフルエンザ:島根・安来で感染疑い 高病原性H5型と確定

 ◇網に穴、野鳥侵入可能

島根県安来市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザへの感染が疑われる鶏が見つかった問題で農林水産省は2010年12月01日、養鶏場の鶏から同ウイルスを検出したと発表した。動物衛生研究所(茨城県つくば市)による検査で高病原性のH5型と確定された。また、専門家6人で構成する農水省の疫学調査チームのメンバーは同日、養鶏場の防鳥ネットに穴があり、野鳥が侵入できる状態だったことを確認した。島根県によると、少なくとも穴は2カ所あった。

今回のケースでは、2010年11月29日に養鶏場主が5羽の鶏がかたまって死んでいるのを発見して通報。県の簡易検査で鳥インフルエンザ陽性を確認し、さらに遺伝子検査(PCR検査)でも高病原性の疑いが強いと判断された。

農水省と県は、5羽以外も死んでいる状況などから、専門家の意見を聞いた上で、初めて確定診断を待たずに高病原性鳥インフルエンザ感染が疑われる鶏と判定。養鶏場で飼育されている約2万3000羽すべての殺処分や、半径10キロの鶏などの移動を制限することなどを決めた。

北海道稚内市の大沼で2010年10月に採取されたカモのふんから検出されたウイルスは強毒性のH5N1型で、島根県のウイルスがこの型かどうかは別の検査が必要となる。疫学調査チームは2010年12月01日、メンバーを島根県に派遣、感染経路などの究明を進めている。農水省は野鳥が感染源の可能性があるとみており、鶏舎で野鳥の侵入防止策が十分かを確認するよう都道府県に通知した。【佐藤浩】(2010年12月2日 東京朝刊:毎日新聞:http://mainichi.jp/)』

いずれにしろ他の鶏等に感染しないことを祈るばかりですが、洗浄などの必要性から集荷できずに溜まっている鶏卵が相当数溜まっているということで、養鶏に携わっている方の苦労をおもんばからなければならないとおもいます。

これ以上の拡大がないことを期待するものです。