(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年11月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

税金投入して欲しくない「中国漁船・尖閣領海内のビデオ流出と流出経緯」


P2Pソフトウェアによるであろうと想像されている「警視庁の文書漏洩」に引き続き、尖閣諸島での中国船籍の漁船との海上保安庁の奮闘ビデオが「You ube」に漏洩して大騒動になっています。

国民の大多数の意見が「ビデオ公開」をしなかった理由が知りたい戸考えているようで、内容から見て菅直人政権の政治姿勢に疑問符しか浮かびません。

実際に総理大臣になってから、国会もほとんど開催せず、何をしているのか、何を実行したいのか国民には不明のまま時だけが過ぎています。

鳴り物入りの「事業仕分け」も第三回に突入したようですが、第1回、2回で仕分けされたはずの事業が継続していたり、他の名目で予算が復活していたりして、「何だったのか」と仕分け人も呟いているようです。

今回のビデオ映像流出については、内部的な調査では特定できず、「警察庁と検察に告発する」という展開になっていますが、操作をするということは税金が費やされるということなので、犯人捜しは必要無いという国民の声から言えば「もういい。」ということでしょうか。

それにしても、中国に対しての弱腰(柳腰)はまったく通用していないどころか、ロシア大統領に国後島を訪問させる機会を与えてしまうなど、不可思議な日本攻撃が続いています。

なんとも「きな臭い」感じもしないでもないのですが、韓国に実効支配されている竹島についても、取り戻せるチャンスは無さそうですし、過去の政権の失策が積み上がった結果と現政権の及び腰を見透かされてのことであると思います。

但し、中国は振り上げた拳の下ろしどころを模索しているようで、国内の反日デモも抑えにかかっています。はっきりとは解りませんが、デモのスローガンが政府批判の様相を帯びてきているようなのです。

報道も規制がかかっているようで、新たな情報が出てくることはなさそうです。

菅直人政権は、腹を括って「尖閣ビデオ流出の犯人捜し」をやめても国民の批判は出ないことを知る必要があると思います。国民がこう思うのは「なぜ公開しなかったのか。」という御紋が大きいからであることを知るべきであると思います。

民主党政権に期待していた国民は「裏切られた感」が増しているようで、「国会内で野党の強力を得るべきだ。」の声を「総選挙即時実施」が上回ったという報道もありました。

いろいろと実行しているいう主張もあるようですが、国民大多数の目には「国会も開催せずに法案成立もなく」、鳴り物入りの事業仕分けでも「蓋を開ければ、継続や復活している事業」ばかりで時間となによりも税金の無駄遣いは「事業仕分け」と思いたくなるような顛末です。

いっそのこと何もしないのであれば、税金を使うこともないのでその方が国民にとっては喜ばしいかもしれません。


関連情報レポートリンク

【中国】