(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年10月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

「チリ北部サンホセ鉱山の落盤事故」地下から作業員33人救出


「チリ北部サンホセ鉱山の落盤事故」で、地下約700メートルに閉じ込められた作業員33人を救い出すための直径70センチの縦穴が2010年10月09日朝、掘削開始から1カ月余りをかけて、ついに作業員とつながる坑道まで貫通しました。

2010年10月12日深夜の作業開始から約22時間半後の2010年10月13日午後9時55分(日本時間14日午前9時55分)に33名の全員が救出されました。

米国のCNNや中国のテレビは延々と中継していたようです。

日本でも救出作業が開始されると、全チャンネルで生放送していましたが、競争のように流しているのを見ていると残念ながら薄っぺらな興味本位の報道が残念でなりません。

米国は貫通したトリルチップが米国製というビジネスマターがあり、中国は救出カプセルを引き上げるウインチの滑車などが中国製であるとも情報もありそれなりの意義もあったようですが、日本政府や企業は「知らぬ顔を決め込んでいたようなのに報道の加熱ぶり」は何なのでしょうか。

全チャンネルで報道しているというのも、何とも間の抜けたとしか言えません。

自社のオリジナルを商品にしていくのが企業であるとすれば、新聞やテレビやラジオなどの一般的にマスコミでくくっても良いと思われる企業のオリジナル商品は何なのでしょうか。

最近では各局の特色は少なく、トレースしたような番組を交互に流しているとしか思えないのが実際のところであり、「YouTube」で注目されたインターネット上の動画が、「Google TV」や「Apple TV(アップルティーヴィー)」によってテレビプログラム拡大されていくさまが目に見えてくるようです。

いずれにしろ、このニュースで視聴者を引っ張れると判断したのか、救出された人々のプライバシーにまで踏み込んでいくさまは異様としか思えません。生まれた子供の名前が「希望」に変わったとか、「数日後に結婚式をあげることになった」とか、日本では「個人情報」だとうるさく言う人が多くなっているのに、報道しているのは外国人だからということであれば、そもそもマスコミ関係者に「プライバシー保護の観念は無い」ということを露見していることでしかありません。

それにしても助かって本当に良かったと思います。

ニュース報道の合間に見え隠れする「報道されていない事故」がそれぞれハッピーエンドで終わったら素晴らしいことであると思います。

数多くの彼らの仲間が同じような事故によって、地下に閉じ込められて命を落としている事実はあまり報道されていないのが実態のようです。

今後は改善されて行くことが望まれています。