(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年10月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

「タバコ値上げ」悲鳴上げる小売店


2010年10月01日日からタバコが大幅値上げということで、タバコ小売店やコンビニエンスストアは九月には結構な売上が発生したようです。

東京にいたときは、バウチャーという金券で昼食補助費というのを貰っていて、額面五百円券をいちいち使うのが面倒なので、利用できるコンビニエンスストアでタバコを買うことを認めてくれていた店でカートンで買っていましたが、今年はほとんど吸っていませんので私には影響なさそうです。

とはいえ高くなってから買って吸うのもバカらしいと一箱買って吸ってみました。

ほとんどすっていないので、一日に2箱から3箱以上消費していたチェーンスモーカーであった時に比較するとタバコを吸っても美味しく感じないので、無理から吸うこともないのでしょう。

私が自発的に飲酒しないのも、酔って気持ちよくならないし、ビールは余り美味しくないし、日本酒は偶にとんでもなく美味しい物に出会いますが、ワインも解らないし、ウイスキーなどは今ひとつ興味もないしということで殆ど手を出しません。

更に言えば酒を飲む練習をするときに車に夢中で、酒を飲む暇がなかったというのも関係するのかもしれません。

脱線しましたが、TASPO導入で顧客をコンビニエンスストアにかっさらわれたタバコ販売店の閉店が相次いでいるようです。

そもそもが酒類のアルコールは自販機で子供でも購入できて、タバコにだけ「TASPOカード」を導入するというチグハグな政策が大きく影響していることも間違いありません。

民主党は景気浮揚策と称して、アルコール類の自動販売機にもTASPOカードを義務付けるべきです。というか「TASPOカード」を廃止して「住基カード」を認識するようにすべきでしょう。

何も余計なものを作り必要はありません。

そもそも「住基カード」があるのに天下りの受け皿である「TASPOカード」が必要なのか理由が解りません。まったく税金の無駄遣いであるとしか言えません。

WHOもタバコ攻撃からアルコール攻撃へシフトしつつあるようですし、そろそろ問題になりそうです。

それにしても、600円程度にしろとWHOから圧力がかかっているようですし、再値上げがあるということは間違いなさそうです。

タバコを持っていると朝晩に一本づつというような器用な事は出来ませんので、持たないに越したことはないと思います。

本数を減らすには、家庭か職場では吸わないと決めて「禁煙」ではなく、「無煙時間帯」を作り出すだけで良いような気がします。「職場と家庭」では吸わないという方法もありますが、それではタバコを持ち歩くので意味ありません。

数本吸って、タバコもライターもその都度捨てるのであれば可能であると思いますが、そんなことはしないでしょう。

頑張ってください。