(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年09月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真偽が知りたい「バチカン銀行の資金押収」


ローマ法王の懐という説明が正しいのでしょうか。

「通称・バチカン銀行」がマネーロンダリングに関わった疑いで資産がイタリア司法当局に押収されたとなっているのですが、世界で最も面積の狭い独立国と習ったと思うのですが、このあたりはどうなのでしょうか。

象徴的なバチカンの聖堂前の円形の広場と取り囲むように周囲にあった円柱の柱などの驚きのサイズが今でも思い出されます。

様々な映画などにも登場しているのですが、このような記事ははじめて見ました。


バチカン銀行の資金押収 「闇」の解明なるか

ロンドン=木村正人】「神の銀行」といわれるローマ法王庁(バチカン)の財政管理組織「宗教事業協会」(通称・バチカン銀行)の資産2300万ユーロ(約26億円)がイタリア司法当局にマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いで押収された。法王庁は容疑を否定している。同行をめぐっては1980年代に不正融資疑惑が発覚したが、関係者が次々と変死し、真相は解明されずに終わっている。

ローマからの報道によると、バチカン銀行は今月中旬、イタリアの銀行クレジト・アルティジャーノに預けていた資金をドイツ・フランクフルトの米JPモルガン・チェースなど2行に受取人を明らかにしないまま送金しようとした。このため、イタリア中央銀行が同国の司法当局に通報した。ゴティテデスキ総裁ら銀行幹部2人が捜査対象という。

バチカン銀行は昨年11月にも受取人を明らかにしないまま計1億8千万ユーロ(約203億円)を送金していた疑惑が発覚し、伊司法当局が捜査していた。同行は長年にわたり顧客の身元を明かさず、他行への送金を代行していたとされる。

法王庁は2010年09月21日、「当惑し驚いている」と表明、同行の業務は公明に行われていると強調した。バチカン市国は主権国家のため伊司法当局の捜査がどこまで進むのか疑問視する声もある。

ローマ法王は2010年09月17日、訪問先の英国で金融危機について「経済活動に関する堅固な倫理規定がなかったため」と説教した。イタリアのカトリック大学で金融倫理を教えていたゴティテデスキ氏は1年前、同行総裁に就任、法王と同じく倫理を失った現代資本主義を厳しく批判し、タックスヘイブン(租税回避地)規制など銀行の近代化に取り組んでいた。

バチカン銀行は1942年に設立され、法王直属の枢機卿からなる委員会によって運営されている。以前はマフィアとのかかわりが指摘され、改革を唱えた法王ヨハネ・パウロ1世が1978年、就任1カ月余で死亡。1982年に主力取引行のイタリアの銀行の不正融資が発覚し頭取が変死。歴代頭取の秘書も自殺、バチカン銀行が関与していた疑惑も浮上し、大スキャンダルとなった。(2010.9.22 19:27:産経ニュース:http://sankei.jp.msn.com/)』


今でも思い出されるのが、イタリアでバス停に並んでいたシスターに観光マップで解らなかったチケット売り場を尋ねようとして「エクスキューズ ミー」声をかけたら流量な英語で「アイ キャント スピーク イングリッシュ」と流暢な英語で拒否された事です。

ヨーロッパは困ったことに英語が通じるのは日本と同じ程度の範囲です。インフォメーションや外国人にも売ろうという店舗などです。

私などが全く知らない世界の事なのですが、以下にも発生した事象に謎をふっかけていく手法はマスコミなどの常套手段で、一般人はうまくのせられていることが少なくないわけです。

しかし、押収された金額は銀行の規模を考えるとたいした額ではないような気がしてならないのですが実際のところ堂なのでしょうか。