(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年09月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真相が知りたい「米で牧師がコーラン焼却、踏みつけや侮辱も」


私は騒々しくも報道され続けているこのニュースに甚だ大きな疑問符と本当にこの人は牧師なのかと感じています。

そもそも成熟した社会では、考え方の異なることは許容範囲であり、批判するのは悪くありませんし、自分の主張が正しいということも間違いなく言っても良いと思います。

ところが聖職者を標榜しているこの牧師は、相手を認めることで自分が認められるという原理原則を無視したのか、他の人が聖書と同等に考えているコーランを焼却すると言い放っているのです。

例えは、この牧師が「コーランを焼却した。」としてどのような変化が起きるのでしょうか。

「コーラン」を大切に思っている人たちの反感を買うだけではないかと思います。この牧師は「聖書(バイブル)」を焼却されたら同考えて行動するのでしょうか。意味のないことを言ってやろうとしているとは思わないのでしょうか。


米で牧師がコーラン焼却、踏みつけや侮辱も

【ニューヨーク=吉形祐司】米同時テロから9年となった2010年09月11日、米南部テネシー州のキリスト教会の牧師2人が、イスラム教の聖典コーラン2冊にライターで火をつけ焼却した。

地元紙テネシーアン(電子版)などが報じた。

フロリダ州の牧師が、2010年09月11日にコーランを焼却すると宣言していたが、当日になって撤回した。テネシー州の牧師は保守・福音派の別人で、他の参加者はいなかった。

ニューヨークでは、テロ現場近くに計画されるモスク(イスラム教礼拝所)建設反対派と賛成派の口論が散発。反対派の参加者が、賛成派の男性の目の前でコーランを足で踏みつけたほか、「トイレットペーパー」と書いたプラカードにコーランをつり下げた男性が、賛成派の女性とにらみ合う場面もあった。(2010年9月13日10時22分:読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/)』


なんとも言えませんが、カトリック教会は神父なのですが、プロテスタント系が牧師という単語を使うのですが、牧師というのは、その個人の人気に頼るところが大きいのでスタンドプレー的な行動を取りがちなのでしょうか。

バカらしくて何にも言う気にもなりませんが、あまりにレベルが低すぎます。

「妊娠中絶反対」よりはかなり乱暴です。「妊娠中絶反対」も母体が危なくてもという極端な主張もありますが、主張するのは自由です。受け入れられなければまったく意味をなさないからです。

日本でも死刑の度に反対論者がいろいろ発言したり、マスコミがコメントを掲載したり報道したりしますが、彼らの主張は通っていません。

しっかりと理論武装して主張しないと無視されるという典型なのではないでしょうか。