(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年09月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

素朴な疑問「国際連合児童基金(ユニセフ)」と「財団法人日本ユニセフ協会」


「国際連合児童基金(ユニセフ)」と「財団法人日本ユニセフ協会」ってまったく別物だったのですね。

私も東京の単身赴任から戻った時に大阪駅周辺でやっていた募金に騙されました。ものすごく後味が悪いというか、寝覚めが悪いという表現ピッタリするのかなんとも嫌な気分でした。

いずれにしろボーイスカウトなどという団体に関わっていると、様々な募金と絡むことが多いのですが、私は大人が騙されたつもりで募金をするのは許容範囲なのですが、本来はボーイスカウト運動の意思決定手順ではあり得ないのですが、大人が決めて子供が募金を募るというパターンが多いのです。

本来は、子供たちが大人から与えられたヒントの中から彼ら自身の決定で募金を募る活動をするのは勿論良いと思うのですが、大人はその募金が本当に適切に対象者に届くものであるのかを見極める部分を担っているのです。最近のリーダーや運動に関わる大人は、募金は良いことだ的な人が多いので心配です。

ところで記事では「財団法人日本ユニセフ協会」が、内部告発的な行動を取った人を攻撃しているというものです。

私が気になったのは募金額の25%が運営に使われてしまっているということです。100円の募金額のうち25円が募金額より減ってしまっているということです。なんとも言えませんね。

私はカトリック教会の神父さんの募金ぐらいしか最近では信用できないと思っているのですが、その根拠は神父さんはカトリック教会から給料が出ていて、募金で集まった額に継ぎ足してまで送ったりしていることが多いのです。少なくとも募金額が減ることはありません。

私が信用できないと思い出したのは、大阪梅田付近の募金の事もありましたが、「赤い羽募金」が姿を消したのに、社協の新聞の予算案に堂々と「赤い羽募金」の予定額が載っていて、決算でもほぼ同額の収入があるということの理由が、東大阪市の場合各自治会が自治会費から世帯かける百円を納付しているからと知ったからです。

汗も流さずにほぼ決まった額を手にしてという構図はおかしいと思います。東大阪市に戻ってきた頃には、自治会の担当者が各戸に募金をお願いして回っていましたが、これもおかしな話です。

ところで毎年「ユニセフ」の振込用紙が送られてきているのですが、どちらなのでしょうか。

記事では「財団法人日本ユニセフ協会」が「日本ユニセフ協会 及びTAP PROJECTには応じないで下さい」というページ。」を書いている人を訴えたというものです。『「協会が主催するTAP PROJECTは、レストランの水一杯につき100円の寄付を求めて発展途上国の貧しい村に給水ポンプを設けるというもの。しかし、先進国の団体が井戸や給水ポンプを作ってその村や周辺が発展・向上したケースは数十年間聞いたことがなく、それどころか設置即日で井戸が壊されて部品が売り払われるのが貧困国の実態だと思います。日本ユニセフはその現実を知らぬふりをして募金をつのり続けているんです。これに、自分が通っている店のいくつかが協賛していました。そこで、各々の店に抗議のメールを送信し、その顛末をサイトで公開したのです」』という内容らしいのですが、真相のほどは如何にということでしょうか。

その昔にNHKで「人間は、何を食べてきたか?」という題だったと思うのですが、ある島に鯨を取るために捕鯨船を無償でプレゼンとしたが、1年目は大量に取れたが、2年目は取れなくて、3年目にはその船は放置されていたというような話だったと思います。

1年目に取りすぎて、2年目には鯨の影すら見えなかったということと、手漕ぎのボートで鯨を取っていた時には不要であった燃料費がかさむことと沢山取れても食べきれないということが理由であったような気がします。

事ある毎にテレビ局などが、電話での棋譜を募集していますが、胸先三寸で募金額を決定していたり、私としてはなんとも横着な募金にしか思えません。汗を流して足を棒にして集めてみたらお金の有難さも解ると思うのですが、彼らにはそんなことは関係なさそうです。

日本人のこの手の募金好きはやめて「ふるさと納税(寄付)」で経済を活性化する方が私は良いと思うのですが、怪しい募金は良いことをしたい欲求を満たしているのかもしれませんが、ほくそ笑んでいる人がいることを知るべきであるとも思います。