(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年08月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

真偽を知りたい「長寿王国 日本の現実」


今回ばかりは日本の各自治体が頑張っているところがあるなと感心していいのやらというところでしょうか。

東京都足立区の「最高齢のはずが白骨だった」は、私が疑問に思っていた「百歳以上が四万人越え」から「「戸籍を消せない人々」彼らも百歳超えまで」と想像の連鎖があると思うのですが、きちんと仕事の出来ている自治体は次から次へと驚きの事実を探り出しているようです。

住民票上の生存確認を、百歳以下にまで拡大しつつある自治体もあるのですが、少なくとも5年毎には生存確認ができないと様々なサービス停止(年金・健康保険等々)をするというような方向に持っていくべきであると思いますし、住民票があればと言うのであれば、戸籍にまで反映する必要もないと思うのですが、そろそろ整理すべき時期であることも間違いないと思います。

そもそも戸籍の登録の一番多いのは「東京都千代田区一ノ一(皇居)」であることを知れば、意味ないということも理解できるでしょう。

但し、住民票を動かさない人も少なくないので、最後の館として整備していくという考え方もあります。

マスコミの報道ぶりには、本当に飽きれてしまうのですが、「勝海舟誕生の前年」などと歴史年表を引き釣り出して説明しているつもりなのでしょうが、「何故、残っているのか」という視点での報道は見かけませんでした。

私が疑問であった「真偽を知りたい「百歳以上生存確認」半数程度」が明らかになりつつあるということでしょうか。

今回の騒動で、年金の不法搾取が明らかになるなど、驚きの実態が見えてくてくるということになるのでしょうか。

私には日本人の「さもしさ」というのでしょうか。なんとも「しみったれた」という表現が正しいのかもわかりませんが「遵法精神」が抜け落ちたどうしようもない実態が垣間見えてくるような気がしてなりません。

先日もある方と話をしていて、「年金の不法搾取など理解出来ない」とおっしゃっていましたが、私は事実としては少なくないのでは感じています。相当な不法搾取があり、日本経済に組み込まれているような気がしてなりません。

最近、貧困ビジネスとして騒々しい生活保護費の搾取についても、一時はマスコミが地方自治体を責めていましたが、なんとも皮肉な事実が明らかになりつつあるようです。これも日本経済に組み込まれていたのも実態であると思います。

自由民主党(自民党)の時代に公共事業で潤った建設業界も「貧困ビジネス」と同列視するのは誤りであると思うのですがシステムとしてはなんら変わらないというのが私の理解です。結局は税金に集って生きていくという構造であることにはなんら違いがあるとは思えません。