(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年08月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

対岸の火事で済むか「米国でサルモネラ菌感染疑いの卵回収、5億個を突破」


なんともすごい数の卵が汚染されていたというか、人災であると表現すれば良いのでしょうか。

豪快な話のようですが、何故この様なことになっているのでしょうか。

宇治にキャンプに行ったときに大規模な養鶏場がありましたが、その程度の大きさの比ではないことは確実であると思いますが、数社の養鶏場でこの数の卵を出荷するとは驚くばかりです。

このことを予測していたのか米国の米食品医薬品局(FDA)は、2010年07月09日に新たな安全基準を発表したとなっています。ところが、この時点では手遅れであったような書き方をしているのは気になるところです。


米国でサルモネラ菌感染疑いの卵回収、5億個を突破

(CNN) サルモネラ菌汚染の疑いがあるとして全米で回収された卵の数が5億個を突破した。

米疾病管理予防センター(CDC)によると、消費者がサルモネラ菌に感染してからセンターに情報が届くまでに2〜3週間の時差があるため、サルモネラ菌の感染者数は今後さらに増加する見込みだという。

米食品医薬品局(FDA)は2010年07月09日に大規模な卵生産業者向けの新たな安全規定を発表したが、この時点ではすでにサルモネラ菌汚染が発生していたことになる。同局は以前からの規定が順守されていれば汚染拡大を防げたはずだとしている。

新規定では卵の衛生管理や冷蔵保存、運搬、サルモネラ菌汚染最小化・防止措置の明文化と実施などが定められている。「予防策を講じれば、卵からのサルモネラ菌感染は約6割減らせる」と同局は指摘する。

卵に十分火を通せば中のサルモネラ菌は死ぬが、食材を用意した人が台所用具を適切に洗っていない場合、それらに付着した菌が生卵に接触し、二次汚染の引き起こす恐れがある。

サルモネラ菌は一般に、汚染された家禽、鶏肉、卵、水から感染し、人間の腸管に影響を及ぼす。感染すると通常12時間〜72時間以内に下痢、発熱、腹部のけいれんなどの症状が現れる。これらの症状は4日〜7日間続くが、健康な人なら特に治療を受けなくても自然に治る。しかし、免疫力の弱い高齢者や幼児などは、より深刻な病気にかかる恐れもあるという。

サルモネラ菌感染の増加を受け、CDCとFDAは原因を調査し、アイオワ州ゴールトの卵生産会社ライト・カウンティー・エッグが生産した卵が発生源である可能性が高いと結論付けた。同社は現在汚染の経緯を調査中だという。また同社は先週から卵の自主回収を開始したが、サルモネラ菌の発生を受け、2010年08月18日に回収規模を3億8000万個に拡大した。

しかし、米鶏卵生産者協同組合が運営する鶏卵安全センターの食品安全プログラム担当ディレクター、クリスタ・エバリー氏は、ライト・カウンティー・エッグの自主回収の対象はあくまで殻付き卵に限られるとあらためて表明した。エバリー氏は、卵白や乾燥卵黄などの卵製品は低温殺菌や熱処理が行われるので食べても安全だと考えられており、鶏卵安全センターも殻付き卵以外の製品がバクテリアに汚染されているとは考えていないと付け加えた。(2010.08.21 Web posted:CNN:http://www.cnn.co.jp/)』


私の記憶によると盛夏は別にして卵は冷蔵庫に入れないという説明を見たことがあるのですが、生で食べるとなると少し危険なようです。

半熟の目玉焼きや茹で玉子も危ないということでしょうね。

食中毒はきっちりと体にダメージを与えますので、夏場は食品にできるだけ熱を加えて食べるようにすべきであるということなのでしょう。

O157なども夏場に流行りやすくなっていますし、感染したり発症して辛い思いをしたくなければ予防に徹することであると思います。

『サルモネラ菌は一般に、汚染された家禽、鶏肉、卵、水から感染し、人間の腸管に影響を及ぼす。』ということなので、一旦、汚染されるとなかなか止められないということですか。

健康な人ならばあまり心配しなくても良さそうですが、夏場で熱さにバテている場合等はダメージがありそうなので注意するに越したことはなさそうです。

【〔Author :libdad.〕 Edit:2010年08月22日】