(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年08月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

全額返納させれば簡単
「大阪府民共済生活協同組合(大阪市)」


「大阪府民共済生活協同組合(大阪市)」が、規則無しで月額報酬360万円、退職金2.5億円を松本一鶯(いちおう)前理事長(75)に支給していたとして問題になっていますが、役人の天下り先で未だにこの様な無茶を繰り返すこの人たちの神経は相当図太そうです。

それにしても記事を見てもらわないと全容が説明しにくいので全文引用してあります。

本文が生きている間は「退職金2・5億規則なし、月給360万も独断」こちらを見てください。

以下は引用です。


退職金2・5億規則なし、月給360万も独断

大阪府民共済生活協同組合(大阪市)が総代会の議決がないまま松本一鶯(いちおう)・前理事長(75)に退職金約2億5000万円を支給していた問題で、府民共済が定款で「役員報酬の算定方法は規則で定める」としながら、規則を設けていなかったことが、府の19日の立ち入り検査でわかった。

関係者の証言で、役員14人全員の報酬額は、松本前理事長が独断で決めていたことも判明、規則がないことが巨額の退職金を認める要因になったとみられる。

検査は午前10時?午後5時に行われ、総代会の議事録や役員名簿などを調査した。府の担当者によると、役員報酬の算定方法を聞いたところ、常勤理事は「毎年5月の総代会で全員の報酬総額の了承をもらい、配分は定款上、規則で定めている」と説明した。

ところが、規則を確認しようとすると、「規則はない。作ろうと思っていたところだった」と釈明。各役員の報酬額も「理事会に諮っていない」と答えたという。

関係者によると、役員報酬の配分は松本前理事長が裁量で決定。各役員には毎年、報酬額を提示してサインを求めていたが、その際、他の役員の報酬額は紙で隠していたという。理事らは、松本前理事長の月額報酬(約360万円)を始め、それぞれがいくら報酬を得ているかを知らなかったとみられる。

府はこの日の検査で、松本前理事長への退職金について、消費生活協同組合法(生協法)で定めた総代会の議決がない違法な支給だったことを確認した。週明けに橋下徹知事に報告し、今後の対応を決める。退職金額の妥当性について指導するかどうかや、規則がなかったことが、法令違反に当たるかも検討するという。

府民共済の瀬戸川徹理事長は、検査後に記者会見し、「検査を受ける事態になったことを誠に申し訳なく思っている。府の指導を受けながら、二度とこのようなことがないよう取り組みたい」と改めて陳謝した。(2010年8月20日09時52分:読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/)』


私はこんなの簡単であると思います。

府民共済が定款で「役員報酬の算定方法は規則で定める」としながら、規則を設けていなかったことが2010年08月19日に発覚したということですが、今までどうしていたのでしょうか。

役員報酬も、『常勤理事は「毎年5月の総代会で全員の報酬総額の了承をもらい、配分は定款上、規則で定めている」と説明した。』と『各役員の報酬額も「理事会に諮っていない」と答えたという。』と嘘であったし、自らが諮っていなければ、過去に支払った報酬は無効であるので全額返還して貰ってその分掛金を安くすれば済むことです。

簡単じゃないですか。

本来の仕事をきちんとしていなかったのですから、報酬を返すのは当然です。

子供でも解ることです。

本当に話になりません。

利息をつけて返して貰ったらどうですか。