(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年06月18日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

どうなる「もみじマーク」


高齢ドライバーの車に張るマークである「もみじマーク」のデザイン再検討している警察庁は:2010年06月17日、「もみじマーク」の代替案として四つの図案を選定したとしています。

もみじマーク:代替案4点選定 今秋決定へ

高齢ドライバーの車に張るマークのデザインを再検討している警察庁は2010年06月17日、「もみじマーク」の代替案として四つの図案を選定した。もみじマークも含めた5点からアンケートなどを実施して、今秋にも決める。もみじマークを巡っては「枯れ葉を連想させる」などデザインの見直し論が高まり、変更を含めて検討してきた。

4点は、公募で集まった1万4573点から有識者で構成する同庁の検討委員会が選んだ。警察庁のホームページ(HP)で公開し、メール、ファクスまたは郵送で1カ月間、一般から意見を募集する。また、運転免許の更新手続きに訪れるドライバー3000人と日本グラフィックデザイナー協会会員約2500人を対象にしたアンケートも実施する。

意見募集とアンケートの結果を参考に、検討委が1点に絞る。四つの代替案のいずれかが選ばれた場合は、国家公安委員会の決定を経て採用する。もみじマークの支持が最も高い場合、変更を見送る可能性もある。

もみじマークは、高齢ドライバーの安全確保を目的に、1997年の道路交通法改正で75歳以上を対象に導入された。2001年に対象年齢を70歳以上に拡大。この時点では表示は努力義務だったが、2007年の法改正で75歳以上の表示を罰則付きの義務とした。これに対し「高齢者いじめ」との反発があり、2008年の法改正で努力義務に戻した。

義務化論議とともに、デザインも「枯れ葉」や「涙」を連想させるといった否定的意見が上がった。警察庁が2009年04月に行ったドライバーへのアンケートでは、もみじマークが「気に入っている」が51%、「気に入らない」が46%で、賛否がほぼ半々に割れた。【鮎川耕史】

◇ことば 高齢ドライバーマークの候補

もみじマーク 紅葉のイメージで熟練した高齢ドライバーを表現(1)四つ葉のクローバーをモチーフにシニアの「S」を図案化(2)色とりどりの線がさまざまな人生を表現(3)高齢ドライバーを稲穂の実とハートを支える手のひらにたとえて図案化(4)鳥にハートと手のモチーフを組み合わせて図案化』

毎度思うのですが、私には現在の涙滴型と思える形から「落ち葉」の連想はしないのですが、上下をひっくり返すと葉っぱにも見えるということでしょうか。

初心者マークにしても、当初はこっぱずかしいと思っていたのですが、現在では何とも思いませんし、私は日本人得意の言いがかりのような問題にしか思えません。

というか、マークなのですから象徴していれば良いのではないでしょうか。

「障害者」などの言葉がいろいろと変えられている「言葉狩り」と根幹はおなじであると思います。

はっきり申し上げて目的が達するならどのようなマークでも問題無いと思うのですが、どうなのでしょうか。