(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年05月18日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇宙ステーションから持ち帰った植物種子紛失


なんともマヌケというか、毎度の事ながら驚いてしまいます。

『宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2010年5月13日、宇宙ステーションから持ち帰った有償利用契約物品である植物種子(株式会社リバネス提供)について、物品の所在が不明になっていることを発表した

この植物種子は2009年8月にスペースシャトルで打ち上げられ、国際宇宙ステーションにおける日本の実験棟「きぼう」船内実験室で約8ヵ月間軌道上で保管されていたもの。予定では、4月に帰還したスペースシャトルで回収してケネディ宇宙センターで米航空宇宙局(NASA)から植物種子を受け取った後、5月中旬に提供元であるリバネス社に引き渡される予定となっていたという。

JAXAは「NASAにさらなる捜索を要請し、現在捜索が行われている」とし、引き続き捜索を行う意向を示している。

なお、リバネス社は「宇宙種サイエンスフォーラム」や種子の授与式といったイベントを予定していたが、今後はこれらの日程が変更される可能性があると発表している。(http://journal.mycom.co.jp/)全文引用』

費用がいくらかということは知りませんし、あまり関係ないかもしれませんが、何重ものチェックを繰り替えして往復しているはずのスペースシャトルの空白部分が見えてきたということでしょうか。

個人的にはこの様な種子が発芽して何の意味があるのか理解できませんが、費用をかけてまでするということは何らかの意味があるのでしょう。

かなり前に「メダカの卵」を同じようなプログラム処理をしていましたが、その後の情報がありませんので私は何とも判断もしかねます。

合金が宇宙で作ると斑なく均一のものが出きると聞いたこともありますが、このような種子を発芽させると巨大な実がなったりするのでしょうか。

本当に持ち帰ってきたのでしょうか。

それとも廃棄してしまったのでしょうか。

起こり得ないことが発声している酔うな気がしてならないのですがどうなのでしょうか。

エライ金かけて何をしているのでしょうか。

仕分けされても仕方がないということでしょう。

毎度の事ながら責任感が見えてきません。

大騒ぎの報道をしている割には、宇宙飛行士も抜けているということでしょうか。