(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年02月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

上げたり下げたり「釣瓶落とし」のマスメディア


毎回のことで気にもなりませんが、特定の人気選手を祭り上げたり批判攻勢をかけたりして集中的に取材攻勢をかける日本のマスメディア関係者のバカぶりには閉口してしまいます。

スノーボードの国母和宏選手のバンクーバーに到着した時の服装問題を大々的に批判したマスコミなのですが、朝青龍というターゲットの後継者を発見したということでしょうか。

国母和宏選手の件は、彼が成人であるとしても、なんで「マスコミ陣が批判する前に注意してやらなかったのか」という疑問があります。

正義を気取るのであれば、そこまでしてから批判しろよといいたくなります。

昔、橋かビルであったか定かな記憶はありませんが、飛び降り自殺する人を撮りつづけた報道をに批判が集中した記憶があります。

「撮影するなら救いにいけ」出会ったと思います。

今回の国母和宏選手の服装問題も同じようなことではないでしょうか。

なんとも、現地で感じたのか「国母和宏選手の前評判が良い」と考えたのか、万が一メダルでも獲得したらと考えたのかは解りませんが、知人の病気の手術代金の募金を熱心にしたとかの美談を探し出して持ち上げだしました。

結果的には国母和宏選手の成績は8位に終わったのですが、前評判で持ち上げて、成績が悪ければ紙面の制約か放送時間の制約かは知りませんがまったく無視という彼らの姿勢が国民には受け入れられなくなってきているような気がします。

もう少し真摯な態度で取材すべきでしょう。

バンクーバーにいるテレビの取材陣が自ら米国の取材陣に「メダリストも取材しろと注意された。」と発言していましたが、オリンピックの協議を発表する時には、日本人の成績ばかりを喧伝するのではなく、金銀銅のメダリストもきちんと紹介すべきであると思います。

なんともいつも偏った偏見報道しかしていない証拠ではないでしょうか。

マスメディアの本文を疑わなくてはならないと思います。

「公正・公平・中立」がマスメディア本来の姿であると思うのですが、一方的な側の取材で報道する姿勢は卑怯であるとしか思えません。

片方の取材で報道する時は、その旨を断わるべきであると感じます。

どうにもならないのでしょうか。

日本のマスメディアは権力のある方に偏って報道しているとしか思えないのです。

日本国民は、片目を瞑って、片耳をふさいでニュースに接しなければならないのでしょうか。