(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年02月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

バンクーバー五輪スピードスケートで「銀・銅」獲得


久々の復活です。

バンクーバー五輪スピードスケート(男)で、長島圭一郎選手(27)と加藤条治選手(25)が、2位と3位になり、銀メダルと銅メダルを獲得しました。

お家芸といわれていましたが、韓国選手がかなり肉薄してきたと思ったらいつの間にか追い抜けれてしまい、モ・テボン選手(韓国)が金メダルに輝いています。

4位も韓国選手で、スピードスケートの短距離の世界は極東の日本と韓国が優位を保っているようです。

それにしても、NHKはこの試合を録画で放映するなどちぐはぐな姿勢が感じられます。

何を流していたかというと、ロシア国籍を取得し、ロシア代表としてフィギュアスケート・ペアに出場したロシアの川口悠子選手の演技です。

この姿勢をおかしいと思っている人は少なくないはずです。

残念ながらスミルノフ・川口ペアは4位に終わったようですが、折角の長島圭一郎選手(27)と加藤条治選手(25)の銀メダルと銅メダルが蔑ろにされた感は否めません。

その他にも日本人選手が多数出ているのに、放映されるのは少なすぎると思います。

折角のオリンピックですから、世界最高の競技を見たいという気持ちもあるのでしょうが、そんなものは特集で放映すれば充分です。

それよりも芳しくなくても、日本選手として戦っている競技を主に放映しなければ、折角のウインタースポーツへの注目度が下がりますし、選手のモチベーションも上がらないのではないでしょうか。

ノルディック複合・個人ノーマルヒルに出場した小林範仁選手が一時トップに躍り出て、本人曰く「目立つと思った」というのは最高であると思います。

選手がこのような気概で出場しているのですから、もっと日本人選手の競技を流すようにしてもらいたいものです。

いつまでたっても、各協議でのメダルが獲得できにくいのは、このようなマスメディアの偏った報道姿勢でしかないと思います。

既に競技か始まってから到着した安藤美姫選手のニュースも悪いとは言いませんが、競技をしている選手の姿を流すことが、将来の夢を輝かせる選手にとっても大きな後押しをするものであると思います。

いずれにしろ、長島圭一郎選手(27)と加藤条治選手(25)が、2位と3位になり、銀メダルと銅メダルを獲得には拍手を送りたいと思います。

更に素晴らしい結果が出るように期待していきたいと思います。