(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年02月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都市の地下鉄再建計画


2008年度決算で「経営健全化団体」に陥った市営地下鉄事業について、京都市は2010年2月10日に一般会計などから10年間に総額1000億円越を投じるのを柱とする支援策をまとめました。

2018年度までに1日当たりの乗客数を今より18%増やすなどの増収策にも取り組み資金不足額を圧縮する計画ですが、支援に充てる資金は市本体の借金で、負担の付け替え・先送りの色合いも濃く、論議を呼びそうだということです。

京都市営地下鉄の健全化計画のポイント

効果 具体策
地下鉄会計への資金支援 支援額 1014億円  一般会計の起債で支援(経営健全化出資)【830億円】
 市バス事業に出していた補助金を回す。【76億円】
 三セクに出資予定だった資金を充当。【121億円】
コスト削減策 削減経費 120億円  外郭団体の京都市交通事業新興公社を解散
 100人以上の職員削減
 改札機などの設備更新期間の延長
運賃改定 年間 約11億円の増収  13年度までに初乗り運賃を10円引き上げ
 18年度までに資金不足比率が20%未満にならなければ同年に再値上げ
その他 年間 約38億円の増収  駅周辺の施設開発などで1日当たり4万7千人の乗客増
 駅ナカビジネスの拡大

使用している数字等は、2010年02月11日の日本経済新聞等を参考にしています。

個人的には京都市営地下鉄に乗る機会はあまりありませんが、遺跡ばかりの地下を掘ることがコストがかかる現員のようなので、京都市に地下鉄は難しそうです。

乗客数の目標もあくまでも計画であり、地域住民の増加がなければ計画どおりにことは運びません。

更に、近畿圏の大阪市営地下鉄や神戸市営地下鉄も経営的にはかなり辛いところにいることは同じようです。

京都、大阪、神戸の市営地下鉄

京都市 大阪市 神戸市
総路線距離(km) 31.2km 129.9km 30.6km
初乗り運賃(円) 210円 200円 200円
長期債務残高(億円) 4921億円 7142億円 2180億円
経常収支(億円) ▲144億円 273億円 ▲14億円
累積赤字(億円) ▲3043億円 ▲341億円 ▲1196億円

使用している数字等は、2010年02月11日の日本経済新聞等を参考にしています。
(注)いずれも2008年度決算時点の数値。▲は赤字

大阪市は累積赤字を一掃で競うですが、京都市と神戸市は辛そうです。

通常でどのていど利用されているのかが問題なのでしょう。

それにしても前途多難のようです。

計画どおりに進のでしょうか。