(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年01月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

地震への備えを再点検


阪神大震災から15年を経過して、街は徐々に当時の面影もなくなりましたが、人の心の底には未だに大きな場所を占めていることをテーマにした番組がありましたが、気になったのは公民館等でもそのような活動に場所を提供してくれなくなった所もあると報道されています。

6400人以上が犠牲になっていますし、忘れてはならない体験であることは間違いありませんが、基本的に自然災害ですし、人が対処できる事も限りもあります。

ハイチ大地震で被災者も多くでているようすがテレビで報道されていますが、いつまでも引きずるものではないことも確かです。

要するに遺族が亡くなるまで継続するということでしょうか。

日頃の備えを点検しよう

A:非常持ち出し品
携帯用飲料
食品(カップ麺、缶詰、ビスケットなど)
貴重品(預金通帳、印鑑、現金など)
救急用品、常備薬
ヘルメット、防災頭巾
軍手(厚手の手袋)
懐中電灯
衣類(防寒着)
下着
毛布
携帯ラジオ、予備電池
マッチ、ろうそく(ビニール袋にくるむ)
使い捨てカイロ
ウエットティッシュ
筆記用具
小さな子供のいる家庭は
ミルク
紙おむつ
哺乳瓶
B:非常備蓄品(ひとり分)
飲料水9リットル(3リットル×3日分)
ご飯(アルファ米)4-5食分
ビスケット(1-2箱)
板チョコ(2-3枚)
乾パン(1-2缶)
缶詰(2-3缶)
下着(2-3組)
衣類(スエット上下、セーターなど)
C:日頃から常備・使用したい食品
乾物類(のり、カットわかめ、切干大根など)
乾麺(素麺、ラーメンなど)
個包装のもち
粉類(小麦粉、米粉など)
豆類(いり豆、ようかん、ミックスビーンズなど)
日持ちのする野菜(いも類、玉葱など)
調理用具として
キッチンバサミ、ポリ袋、ウェットティッシュ、カセットコンロ、IHクッキングヒーターなど

使用している数字等は、2010年01月09日の日本経済新聞等を参考にしています。

地震の備えに対する再点検という特集ですので参考になるかと思います。

何よりも阪神大震災のときに東大阪市のスーパーマーケットからはパンなどの食材が消えました。

ほとんどが神戸などの被災地に回ったようですが、大阪の大動脈の西側が分断されたので大阪への食料供給は絶たれることがなかったので助かったのですが、東海大地震が起これば東京大阪間の大動脈が絶たれるということですので気になるところです。

「そなえよつねに」はボーイスカウト運動のモットーですが、大切なことであると思います。

いつまでも引きずられる事には賛同できませんが、十分な備えは大切であると思います。

「備えあれば憂いなし」といきましょう。