(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年12月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

「ドバイショック」日本政府集計発表


少々落ち着いてきたかの感のあった「ドバイショック」ですが、残念ながら日系企業のドバイ債権の未回収が10月末現在で6600億円にものぼるという日本政府の集計が発表されています。

大手建設会社などの日系企業がアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府や政府系企業に対して持っている工事代金など約150億ドルのうち、約75億ドル(約6600億円)が未回収となっていることが、2009年12月11日に日本政府が集計して発表しています。

一部は回収できる見通しと言うことですが、円高でかなり実入りも少なくなりそうですし、回収できても少なからず痛手を受けることになりそうです。

ドバイの信用不安で日本企業の回収が一段と難しくなる可能性があるとしてます。

「えらいこっちゃ」で済まない額のような気がしてなりません。

主なドバイプロジェクト

発注者 プロジェクト(主な受注者) 層事業費 未回収債権
ドバイ首長国政府  ドバイメトロ
(大林組、鹿島、三菱商事、三菱重工)
103億5600万ドル 52億7000万ドル
 ジュベル・アリL1発電所
(三菱商事、東芝)
9億4700万ドル 5億9700万ドル
 シェイクザイード道路インターチェンジ
(清水建設)
3億3000万ドル 2億5000万ドル
 テクノロジー変電所
(三菱電気)
3億0000万ドル 1億4800万ドル
 ラスアルコール道路
(大成建設)
2億9300万ドル 8500万ドル
ドバイ首長国政府  パーム・ジュメイラ・マリナ・アパートメント
(清水建設)
7億6500万ドル 3億5500万ドル
 ゲートウェイ・タワー
(大成建設)
6億4700万ドル 2億7700万ドル
 パーム・ジュメイラモノレール
(丸紅、大林組)
3億9000万ドル 1億4900万ドル
リミットレス  ダウン・タウン・ジュベルアリアパート
(大成建設)
3億4100万ドル 1億4300万ドル

使用している数字等は、2009年12月12日の日本経済新聞等を参考にしています。
2009年10月末時点

為替の円ドルレートが「130円」の時と現在の「80円台」の場合では1ドルで「約50円」も変わってしまいます。

一部が回収できたとしても、辛いところですね。

問題は想定の為替レートにかかってくるのではないでしょうか。

記事の中で例示されているのが、ドバイメトロで当初契約が36億ドルであったのが、駅舎の設計変更などで総事業費が100億ドル程度に膨らんでいるのですが、43億ドルをドバイ政府が認めていないので、約53億ドルがドバイ側が支払いに応じない姿勢を見せているということです。

かなりの巨額です。現在の為替レートで計算してみてください。

泣き寝入りできる額ではなさそうです。