(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年12月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

「中小企業の街」観光客を誘致


新聞に掲載されていた記事を読んで驚いたのでレポートしておきます。

東大阪市では地元のホテルセイリュウと約30の中小企業が組んで10月から就学旅行の誘致を始めたと書いてあります。

確かに天気が良いとホテルセイリュウから河内平野の向こうに見える大阪市内の夜景は素晴らしいとは思います。

生駒山の山麓にありますし、近隣の河内一の宮の「枚岡神社(ひらおかじんじゃ)」上部にある枚岡公園の展望台からは、晴れていると淡路島も見えるときがあります。

しかし、何をと思っていたら工場見学をするようです。

奈良までは近鉄奈良線で30分ほどですし、難波へも同じような時間帯で到着しますので、立地は確かに良いかも知れませんね。

産業の振興が始まった主な地域

尼崎市  大阪市に隣接する大阪湾岸の臨海部を中心に大手機械、金属メーカーなどの工場や下請け中小企業が多数集積。
 2004年からは住民で組織するまちづくり団体が臨海部をボートで回り、工場群を眺めることができるクルージングを年2回開催
東大阪市  近畿のほぼ中央に位置する地の利などから今も6000社もが立地する全国有数の企業集積地
堺市  臨海部を中心に大手電機、機械、鉄鋼メーカーなどが大規模事業所を展開。
 伝統産業の博物館は「堺HAMONO(はもの)ミュージアム」「自転車博物館サイクルセンター」などがある。
 刃物製造は十六世紀にポルトガルからタバコが伝来したのに伴い、葉を刻む包丁をつくるようになったのが始まりとされる。

使用している数字等は、2009年12月08日の日本経済新聞等を参考にしています。

しかし、他にはホテルもありませんし、東大阪市は辛いところです。

一時は一万社を越えていた会社の数が六千社に減っているというのは寂しいですね。

私は、堺というと先日「七道駅」で見つけた「堺市堺区 史跡 放鳥銃定限記」の鉄砲が歴史の上ではピンとくるのですが、確かに自転車も地場産業です。

産業観光は『古い機械器具や工場など歴史的、文化的に価値がある産業遺産や稼働中の生産現場などを観光資源にしようという取り組み。

戦後、日本を経済大国に押し上げた製造業の勢いが衰える中、物作りの原点を見直そうという機運も追い風となり、各地で盛んになっている。」

この説明を読むと、せっかく清流で泊まるのであれば、足元の会社がなぜ集積しているのかを知って欲しいと思います。

その昔、生駒山麓を流れ下る川に水車を設置しその動力を利用して、金属加工などを行ったので今のようになぜかせせこましい坂道のある場所に工場が集積したということです。

必要な動力の源があったということですね。

ホテルセイリュウの北側から登る「辻子谷」には朽ちた水車小屋があったのですが最近はどうなっているのでしょうか。

「でんぼの神様(できもの)」が転じて願封じなどのお参りが多い「石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)」の参道は小中学生にはパラダイスかも知れません。

理由が分からない「日本で三番目の大仏」も話題に事欠かないでしょう。

面白い取り組みですね。

梅の季節には河内一の宮の「枚岡神社(ひらおかじんじゃ)」の「枚岡梅林」などはもってこいかも知れません。

ホテルセイリュウから散歩しても良いかも知れませんね。