(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年12月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

手の潤いを冬でも保つ方法


寒くなり、太平洋側では空気が乾燥する季節になってきました。

肌荒れが気になってくる季節になり、外気に晒されることが多い手のケアは大切ということです。

最低1日1度はハンドクリームを塗る習慣で、手入れを欠かさないことが重要であるといいます。

個人的にはどうでも良いような気がしますが、気になる方は参考にしてください。

効果的なハンドマッサージ

  1. ハンドクリームを適量手の甲に塗る
  2. 掌を使ってしっかりと擦り込むようになじませる
  3. 指の一本一本に、丁寧に塗り伸ばす
  4. 爪の回りも油分を補給する
  5. 指の股は、特に感想しやすいので必ずケアを

使用している数字等は、2009年11月29日の日本経済新聞等を参考にしています。

「寒さ、乾燥が肌には大敵で、冬になると手のひび、あかぎれに悩む患者が増加します。」と西川武二左門町皮膚科院長は言います。

皮膚は1番上の表皮で0.1−0.4mmと薄く、表面は酸性に保たれていて体を守る壁(バリヤ−)になっている。

若いときは代謝が盛んで皮脂腺から油分が供給され、皮膚本来の防御作用があるのだが、中高年以上になってくるとこうした皮膚の潤いが少なくなり乾燥肌になる。

望ましい手洗い方

1. 手洗い石鹸を常に準備しておく  外出から帰ったときは殺菌作用のある石鹸で、それ以外の時は刺激の少ない固形石鹸を使うようにする
2. 熱すぎないよう、冷たすぎないようにする  冬だからと熱いお湯で洗わない。冷たすぎる水も避ける
3. 流水だけですませることもよい  室内にいる時は石鹸を使わずに水洗いだけで済ませることもよい
4. 洗いすぎない、乾かさない  濡れている時間が長いと肌荒れし易くなる。ハンドドライヤーも長時間の使用を避ける
5. 拭く時にはこすらない  洗った後はすぐに拭く。濡れたままだと肌荒れし易くなる
6. ハンドクリームを塗る  洗う度に塗るのが理想だが、少なくとも毎晩塗って寝る

使用している数字等は、2009年11月29日の日本経済新聞等を参考にしています。

最近は、「ビルなど暖房・乾燥しているところが増加しており、外気との温度差が激しい」ということです。

しもやけは寒暖の差で血管が収縮したり、手が腫れたり、痒みを伴ったりします。

寒暖の差が激しいことを繰り返すと発症し易く、特に水仕事の多い人は濡れたままの状態で長くいるため、気化熱で手の皮膚の表面温度が下がり「しもやけ」になり易いということです。

「しもやけ」は「ひび」、「あかぎれ」につながり、「ひび」、「あかぎれ」で手の皮膚が割れると痛みを招くことが多いということです。

本来は手が乾燥する度に、「ハンドクリーム」を塗ることが理想的であると説明していますが、日中には難しい人も多いので寝る前にきちんとスキンケアすることを週簡にするとよいということです。

ハンドクリームの主原料は「グリセリン」と「ワセリン」を使った種類があるので自分にあったものを選ぶようにするとさらに良いということです。

親水性(吸水性)がるグリセリン系は体の内部の水分をしっかりと保持できるということです。

疎水性のワセリン系は薄い膜を作って皮膚表面から水分が飛ぶのを防ぐ働きがあるということです。

加齢や暖房などが皮膚の乾燥に追い討ちをかけるので、風呂上りなどに保湿剤を丁寧に擦り込む事が大切であるとしています。

かゆみがあると、睡眠の質を悪くしたりするという報告もあるので手入れを怠らないようにしましょう。