(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年11月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

役目は終えた「常用漢字表」


文部省配下の文化庁「文化審議会国語分科会」が「常用漢字表」の変更を発表しました。

2009年11月10日に『漢字使用の目安となる常用漢字表の見直しについて、漢字小委員会がまとめた修正案を了承した。現在の1945字から5字を外し、「柿(かき)」「俺(おれ)」など196字を追加して2136字とする案。今月末にも文化庁のホームページなどで公開し、2回目の意見公募を行った上で、来年春に文部科学相へ答申する。同年秋ごろの告示を目指す。』

はっきり言って阿呆です。

中国などは漢字の簡略化を進めたせいでしょうか。

中国人向けのホームページの表示にに「繁體中分」と「筒体中分」などと準備されているものが多数あります。

漢字を変えたたために読めない人がいるということでしょうか。

個人的には、こんなもの必要ないとしか考えられません。

読みが難しい場合は、ルビをふることで対処すべきであり、新聞などがひらがなやカタカナだらけで読みにくくなっています。

教育に係わる漢字表としての価値は認めますが、新聞社が使用するにはこんなものを意識する必要はない思います。

大体、地名や人名などの漢字が含まれていないなんて、何の意味があるでしょうか。

各年代や学年で教える漢字は整理して並べればよいと思いますが、社会で使用される漢字については、自由といえばおかしいと思いますが、辞書に掲載されている漢字は使用すべきではないでしょうか。

最近の新聞は、病名などで「ひらがな」混じりの単語が増加しています。

「癌」がないのでしょうか。最近は「がん」や「ガン」と書かれています。

こんなことに意味があるのでしょうか。

本当におかしな事を決定するのに税金を使用しているような気がします。

「必殺仕分け人」に「仕分け」してもらわなければならないと思います。

余りにも下らないことに時間を費やさないで、辞書にある漢字のJIS化を進めて、パソコンですべての人名が使用出来るようにして貰えないでしょうか。

お亡くなりになったのですが、私の知人に「余」の下に「止」と書いて「とどむ」という名前の方がおられました。

漢字で見れば「なるほど」と思いますが、「ひらがな」や「カタカナ」で書くと他の字を想像してしまいがちです。

人が読めないような当て字の名前をつけて悦に入っている親は、子供が大きくなったときにバカにされるような気がします。

一般社会での漢字の自由化を主張します。

問題になった「漢字検定」では、明らかに常用漢字表から逸脱した部分が高レベルであると定義されているのですよね。

私は、書けなくても読めれば良いのような気がします。

小学校低学年の親に向けての書類も、ひらがな使いの文書が多かったような気がします。

いったい、誰に向けて配布しているのかと思っていました。