(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年10月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

フィギュアスケートGPシリーズ
第2戦ロシア大会


フィギュアスケートグランプリシリーズの第2戦「ロシア大会」に出場した日本人選手は、男「小塚崇彦(トヨタ自動車)」選手、女「安藤美姫(トヨタ自動車)」選手、「浅田真央(中京大)」選手です。

「小塚崇彦(トヨタ自動車)」選手は、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)に次ぐ、2位となりグランプリ出場切符に手をかけました。

「安藤美姫(トヨタ自動車)」選手は、ショート3位からの逆転優勝により、「小塚崇彦(トヨタ自動車)」選手についで、グランプリ出場の切符に王手をかけたようです。

ジャンプは失敗したようですが、本人が課題としている点が次回のテーマとなりそうです。

フィギュアスケートグランプリシリーズの開幕戦にあたる第1戦「フランス大会」(2位)に引き続き出場した「浅田真央(中京大)」選手は、期待されていましたが、6位に終わりグランプリ出場の切符はほぼ絶望的となりました。

ここで頑張っている選手がいるし、「安藤美姫(トヨタ自動車)」選手が優勝しているのに、日本のマスコミの取扱いは、お粗末でしかないと思います。

折角、人気があるスポーツを、またもやポシャらせるつもりでしょうか。

本当に、「浅田真央(中京大)」一辺倒の追っかけをするのが、マスコミの仕事ではないと思うのですが、本当に愚か者集団なので消化。

テレビ局が、視聴率の低迷とともに経営に喘いでいる理由が理解できます。

高給の割に発信している情報があまりにもお粗末ですし、右へなれ式のテレビ番組(プログラム)では飽きられるのは当然です。

少なくとも最終戦の開催される「東京大会」までは、モチベーションを保たなければならないと思いますがどうなのでしょうか。

テレビ局に人気のある出演者と視聴者の思いがかけ離れているのではないでしょうか。

漫才師崩れのお笑い芸人を並べて、「面白くない」からか、「笑い声」をBGMのように流しつづける、ばかに低レベルな番組ばかりでお茶を濁しているからこんなことになってしまったのではないでしょうか。

そもそも海外の人気番組をアレンジした番組がほとんどなのに、何故、テレビ局社員が高給で、実際に作っている会社の社員が安い賃金で過酷な労働をしているのか解りません。

いずれにしろ、第1戦「フランス大会」では「織田信成(関大)」選手が優勝していますし、「中野友加里(プリンスホテル)」選手が3位に入賞して日本選手が好調であるのにもかかわらず、マスコミのこのような扱いには飽きれてしまいます。

折角頑張っている選手に、「冷水を浴びせかけるようなこの態度」には、自分たちの思うとおり(勝手に考えたストーリー)にならなかったときに対処できないレベルの低さが表面化しているようです。

それにしても、不思議な国です。

2009年フィギュアスケートGPシリーズ大会