(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年10月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

金融機関の報酬規制は米欧の難題


個人的に言うと「金銭感覚が狂っている」としか思えないのですが、米欧の金融会社の高額ボーナス規正に苦しんでいるようです。

大体、赤字で公的資金を受けないと持たないなんて会社の従業員に何故ボーナスを支給するのか論理的に説明して欲しいものです。

報酬制度の変更内容

会社名 内容
ゴールドマン・サックス  上級幹部の報酬の大半を期限付き株式に。段階支給し、売却は3年後から。支給済みでも理由があれば回収可能
モルガン・スタンレー  支給済み報酬でも理由があれば回収可能
ステート・ストリート  決算書に不正があればCEOらが現金報酬などを返還
クレディ・スイス  劣化した商品を組成した社員に、それらの資産を入れたファンドを報酬として支給

使用している数字等は、2009年09月27日の日本経済新聞等を参考にしています。

取り返せるなら、支給しなければ良いのにと思います。

授業員の努力出稼ぎ出した利益の中から支給されるのであれば誰も何も言わないと思います。

しかし、以下の表のように1兆円以上の公的資金を受けた中から支給するのは、貴重な税金を、何故金融機関に努める従業員に分配するのかという疑問がついて回ります。

更に、「ゴールドマン・サックス」などは、約1600万円のボーナスなんて考えられません。

米国大手金融機関のボーナス

会社名 従業員一人当たりのボーナス 公的資金受け入れ額
ゴールドマン・サックス 160,420ドル 100億ドル
モルガン・スタンレー 95,286ドル 100億ドル
メリルリンチ 61,017ドル 100億ドル
JPモルガン・チュース 38,642ドル 250億ドル
ニューヨーク・メロン 22,028ドル 30億ドル
シティグループ 16,512ドル 450億ドル
ステート・ストリート 16,505ドル 20億ドル
バンク・オブ・アメリカ 13,580ドル 450億ドル
ウェルズ・ファーゴ 3,479ドル 250億ドル

使用している数字等は、2009年09月27日の日本経済新聞等を参考にしています。

日本でも、利益をあげていようが、いないに関わらず、派遣切りをした企業の役員が報酬を受けとるのはおかしいとの議論はないのでしょうか。

彼らの報酬を停止すれば、派遣切りなど行わなくても済んだのではないでしょうか。

日産の役員は億単位の報酬を得ています。

仮に3億円だとすると、単純に年収300万円の従業員を100人も雇えるのです。

何か勘違いしていないでしょうか。