(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年09月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

抗うつ新薬「NaSSA」登場


うつ病患者への新しい治療薬が2009年9月に登場します。

既存の薬が効かない患者や副作用に苦しむ患者にとって、薬の選択肢が増加するメリットは大きいと専門家は期待しているそうです。

新薬は効き始めるのが早く、第一選択薬になりうる薬であるとの評価もあります。

うつ病と診断された患者に対して、投与して一週間でうつ症状が軽減するなどの効果が見られたとしています。既存薬では約二週間は必要であったと言われていました。

「NaSSA」は、三年ぶりの新薬として期待されていますが、「気分が沈む」「何もやる気がしない」などのうつ症状を解消し気分を高める作用の他に、過度に気分が高揚しないよう沈静化する働きもあるということです。

新薬の情報が掲載されています。

抗うつ薬の種類と副作用

種類 副作用 特徴
NaSSA  倦怠感(けんたいかん)、眠気、太りやすくなる  消化器症状、不眠、焦燥などはない
SSRI/SNRI  便秘などの消化器症状や初期の不安、焦燥、不眠  うつのほか、不安や強迫神経症などにも幅広く効果
三環系/四環系  消化器症状、心臓に負担がかかる、太りやすくなる  強い抗うつ効果、大量に飲んだときに致死の可能性

使用している数字等は、2009年08月28日の日本経済新聞等を参考にしています。

一般的にうつ病患者には、脳内で神経同士をつなぎ情報をやりとりする神経伝達物質が減少し、うつ症状が出ると考えられています。

坑うつ薬には神経伝達系の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」を増加するものが使用されています。

国内でもっとも使用されている「SSRI」は「セロトニン」の働き全般を強めます。

「セロトニン」には坑うつ効果の他に不安や焦燥感、睡眠障害を招くために副作用として出ることがあったとしています。

古くから使用されている「三環系坑うつ薬」は、「セロトニン」以外にも働きかけて、便秘などの消化器症状が見られたり、心臓に負担がかかったり、太ったりするという副作用も見られています。

患者の増加が著しい日本社会では、生活にゆとりを持てるような製作が望まれているのではないでしょうか。

私が眼医者で目薬が欲しいと言ったときに先生が「薬は毒や」と言い放ったのが忘れられません。

「薬局の目薬は癖になるので」と言ったら出してくれましたが、本当に「毒」であると思います。

薬に頼って生活する事を止めなければ、医療費は安くなりませんし、健康な生活は送ることができませんよね。

期待が大きくなります。