(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年06月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

iPS細胞の臨床研究


iPS細胞のヒト応用研究が五年後にも開始される予定を、文部科学省が公表しました。

再生医療の切り札とされる新型万能細胞(iPS細胞)の応用研究のロードマップでは、早ければ五年後にも心筋梗塞や目の病気などの治療への応用研究が開始される見込みです。

「iPS細胞」による治療見通しが示されたのは初めてだそうです。

文部科学省が公表したiPS細胞の臨床研究時期

主な疾患 患者で初めて治療を
試みる臨床研究の時期
加齢黄斑変性症 5年以内
心筋梗塞 5−7年程度
やけどなどで痛んだ目 7年以内
網膜色素変性症 7年以内
脊髄損傷
パーキンソン症
7年以降
白血病
再生不良性貧血
7年以降
肝不全
腎不全
糖尿病
10年以降
筋ジストロフィー 10年以降

使用している数字等は、2009年06月25日の日本経済新聞等を参考にしています。

一日でも早くと待ち焦がれている人には首が伸びてしまいそうな期間であると思いますが、期待が持てるのであれば待っていても苦にならないような気がします。

それにしても、一日も早く治療ができる日が到来することを期待します。

長寿を祝う言葉に「千秋万歳/千寿万歳」というのがあるそうですが、病気が治るのであれば期待を盛って生き続けることが出きるというものです。

なんかエライ時代が近づいているのでしょうか。

人間しねなくなりそうな気配もしかねません。

脳死判定で躊躇している何で笑いものになるかもしれませんね。

自分自身の「iPS細胞」で造った臓器やパーツに交換できる時代が到来するかもしれません。