(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年06月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

白髪の原因はDNAの損傷


「白髪の原因はDNAの損傷」というヘッドラインを発見しました。

私は、最近やっと白髪が少し多くなったかなと思うのですが、それでも同年代の人と比較するとほとんど無いような状態だそうです。自分ではあまり気がつきません。

一般的に「老化」や「ストレス」で白髪になるのは、『色素を作る細胞の元となる毛根部の「色素幹細胞」が「DNAの修復」をできずに枯渇してしまうのが原因である。』ことを東京医科歯科大や金沢大の研究チームが突き止めたということです。

白髪になる詳細な仕組みの解明は初めてで、予防法の開発につながる可能性があり、また、さまざまな幹細胞を利用する再生医療やアンチエイジング(抗加齢)への応用研究が期待されるとしています。

両チームは、過去の研究で毛根の色素細胞が枯渇するとやがて色素を作る細胞もなくなり、白髪になることは突き止めていたのですが、枯渇する原因は不明でした。

傷ついたDNAを修復する遺伝子を持たないマウスに放射線を当てて実験すると通常のマウスでは全く変化が起きないほどの極僅かな放射線で体毛が白くなり、毛根部に色素細胞が色素を作る細胞に分化している事が解ったとしています。

通常は色素幹細胞は自己を複製しながら、色素を作る細胞も生みだし、DNAの損傷を修復できないと自己複製機能が失われ、幹細胞がすべて分化してしまうために枯渇するらしい。ということまで解ったそうです。

「DNAの損傷した幹細胞が死なずに分化するらしので、幹細胞を維持する仕組みを調べてみたい」と西村栄美東京医科歯科大学教授は話しているそうです。

私にはあまり解らないのですが、白髪になると何かまずいことがあるのでしょうか。

ハゲになると同様になにかまずいことがあるのでしょうか。

見た目などは別にするとあまり意味があるような気がしないのですがどうなのでしょうか。

その昔(1991-1995)頃に富士スカウトになったボーイスカウトの高校生が、皇太子殿下に合いにいくのに、はやり始めた金髪で来たということが問題になっていました。

私は当時、地区のコミッショナーで、そのようなことの無いようにとは言っていましたが、日本連盟の役員の質問には、「白髪を黒に染めるのも、黒を金髪にするのも同じ」と答えて大笑いしたものです。

自分では気になっても、他人は貴方の白髪やハゲのことなんか気にもしてくれていませんよ!