(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年06月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大麻使用経験が増加中


欧米並みの社会になったというのでしょうか、「大麻使用経験」があったとする人が十年前の2.6倍になったと報道されています。

『大麻経験者が増える背景には「安い」「吸引が中心」「パーティーなど集団で楽しむ」などの“気軽さ”がある。これらに加え、「外国との交流」「インターネット」という2つのキーワードも浮かぶ。』と報道しています。

最近は、「種屋」が警察に逮捕されて、押収されたパソコン内部に販売した相手とのやり取りの記録である電子メールが大量に残されていたという報道が記憶に微かになってきたのですがあります。

その後、マンションやビルをはじめとする、屋内での「大麻栽培」が毎月のようにニュース報道されているのも記憶の片隅にあります。

昨年の11月末にも同じような報道があり、「大麻にエイズでどうなる未来」なんてレポートもしています。

それにしても悲しい限りなのですが、なんでこんなに簡単に興味を示して、試してみるのでしょうか。

要するに「結果を頭で想像できない」ということなのでしょうか。

私には、大麻を吸うことが「想像できません」し、「吸ってどうなる」ということも想像不可能です。

そして、吸ったからどうなるということ自体が理解できません。アルコールでのほろ酔い気分も味わったことのない私ですので解らないのも当然でしょうか。

報道では、『15歳以上で大麻の使用経験がある人の割合が2005年は1.3%となり、1995年からの十年間で2.6倍になった。と厚生労働省の研究班が実施した全国調査で解った』と報道されています。

この報道って一体なになのでしょうか。

何故、2005年の情報を2009年に華々しく発表しているのでしょうか。

この調査は1995年から隔年で実施しておりと書かれているので、2007年度のデータが出てきても可笑しくないと思うのですがどうなのでしょうか。

税金を使ってしている調査ですから、こんな陳腐化しているのではないかと怪しまれるデータを発表しないで欲しいものです。

ふざけるなと言いたくなりませんか。

最新情報を発表するのが仕事ではないのでしょうか。国民をバカにしていると思いませんか。