(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年05月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

日本ベンチャー2009中止


私がボーイスカウト運動を知ったのは、約45年前の今頃でした。小学校三年生のクラスで「カブスカウトでピクニックに弁当を持っていったけど雨で教会のお御堂で食べました。」だったと思いますが、これを読んだのは現団委員長です。

そして私も長年継続してきましたが、残念ながらスカウト数がかなりの減少です。

毎度のことなのですが、特定の学年が大勢いて他の学年が減少したりして、隊や団のプログラム展開も大変です。

最近、スカウト運動に魅力を感じなくなってきているのですが

「社会教育活動であるはずなのに社会奉仕活動と誤った理解で、社会奉仕したがる人が多い」

「ボランティア団体なのですが、対象は加盟している子供たちが主であり、その子供を増加させて体験する機会を増すことが目的であるのにそうなっていない」

「いつの間にかルールブック外の決めごとばかり言い出す。組織が錆びついたのか、磨り減ったのか軋みが多くなり社会から認識されなくなってきているのではないか」

と思う日々が続いています。

「日本ベンチャー2009」は高校生年代の人気を掴めなかったのか、理由は解りませんが申し込み人数も少なく三月に資料をもらった時には「中止すべきではないか」と思わずいっていたのですが、ここに来て突然、中止の連絡が回って来ました。

驚いたのは「 ご承知のとおり、新型インフエンザは国内感染が先日の日曜日に判明して依頼、本日現在約270人の方が感染しています。また、国外での感染と思われますが開催地神奈川県でも発生しています。関西地域の感染者には渡航歴はなく、国内での発生が認められ、地域での感染拡大が始まっています。

政府からは、別紙のとおり5月19日付けで「新型インフルエンザに関する対応について」の注意喚起が発表されており、集会、スポーツ大会等については、現時点では一律の自粛は要請しないものの、主催者は当該イベントの 趣旨・必要性等を勘案し、総合的に判断することが求められています。

当連盟では、この感染拡大を受けて、日本国政府、厚生労働省、文部科学省、世界保健機関(WHO)、国立感染症研究所の情報に基づき、日本連盟主催の国内行事と諸会議、海外派遣、外国スカウト受入事業につきましても対応しますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。」

なんで、と言うことしかありません。今の時期にこの理由で中止とは「保身」ではないかと勘ぐられてしまうのではないでしょうか。はっきり言って、私も勘ぐっています。

おかしな組織になってしまいました。

肝心の子供を忘れて、大人のトレーニングに躍起となって、結果的に何も発信できないようなリーダーに社会が魅力を感じると思うのは大間違いです。

子供が楽しくしてこそ、スカウトの数は増加することは間違いないと思うのですが、時代遅れのトレーニングでリーダーをトレーニングすればそれで良いと考えているのではこの先が思いやられます。

世界ジャンボリー招致を達成して、「日本ベンチャー2009中止」では先が思いやられます。

残念ですがどうしようもないようですね。年寄りがやめない「老害」を言っていた人がいつの間にか、「ミイラ取りがミイラ」になっていることに気がつかなければこの運動は完全に息の根を断たれるでしょう。