(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年04月20日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奇跡の歌声スーザン・ボイル(Susan Boyle)


今、注目の人、スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんは、2009年4圧11日に、BBC主催の「Britain's Got Talent 2009(I Dreamed a Dream)」という番組の中で飛び出した注目の人です。

ユーチューブ(Youtube)で映像が公開されるともに、ヒット数があれよあれよと言う間にとんでもないことになっているようです。

私は、トラウマであると思うのですが「音楽」があまり好きではありません。

ただし、ポール・ポッツ(Paul Potts)氏の歌声にも魅了されたのですが、彼は「Britain's Got Talent 2007」に出場し、「トゥーランドット」の名曲「誰も寝てはならぬ」を熱唱して、同番組の激辛審査員としても知られるプロデューサー、サイモン・コーウェルに認められ、一夜にして携帯電話ショップの店員から世界的歌手となっています。

スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんの、このビデオはある意味衝撃的です。

見た目は47歳の太ったおばさんで、「プロの歌手になりたい。」と本人が言ったときには、会場の全員が「何、言ってるんだ。」という雰囲気で、質問者は「なんで今までなれなかったのに、これからなれるんだ」なんて雰囲気が丸出しでした。

歌い出した途端に、会場の雰囲気は一転、全員がぶっ飛んでいました。歌の途中でスタンディングオベーションの拍手の嵐となっていく会場内は、彼女(スーザン・ボイル:Susan Boyle)の奇跡の歌声に完全に魅了されてしまっていました。

私も、ニュースで知ってアクセスしましたが、「ポール・ポッツ(Paul Potts)氏」以来の驚きでした。

「BIggest Yes.」「Yes, Defenately」と「Three yeses.」と最大の賛辞を審査員から貰っていました。

ところで、数千万クリックとニュースで言っていましたが、億を越えているようです。三十以上のバリエーションがあるようでSそれぞれ数百万ヒットの数字が出ています。

今、世界で最も注目を浴びている人でしょう。

私は、韓国人歌手の歌も相当であると思っていましたが、かわいさだけで歌の実力もないような歌手だけで支えられた日本の歌の業界は冷えきっていると思います。

ポール・ポッツ(Paul Potts)氏やスーザン・ボイル(Susan Boyle)さんのような奇跡の歌声が日本にもいるような気がするのですが違うのでしょうか。

私は、感激し感動して涙が滲んできました。これを感動というのだと思います。テレビの作り物の感動ではありません。番組自体は、作り物であることは間違いありません。

もう一曲どうですか。「Killing Me Softly」です。

他にも、BBC主催の「Britain's Got Talent 2009」という番組のビデオが多数あるようです。どれも結構楽しめます。「Greek Dance」なんて、大笑いしましたよ