(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年03月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

吉凶は人により、日にあらず


情けない話だと思うのですが、日本のサイトで人気のあるヒット率の高いサイトの一つが「占い」というか、吉凶に関係するサイトだそうです。

それにしても、本日の占いなんて「当たりっこないし、外れっこないんですよ。」物事はすべて見かたの角度を変えると吉凶は変わります。

自分にとって都合の良いことは、相手がいると相手には都合が悪い。反対も成立します。

有名な大岡越前裁きのように「三方一両損」というのもあります。

今月の大阪府の神社庁の標語でしょうか。

『吉凶は人により、日にあらず』

『吉田兼好「徒然草」(南北朝時代の歌人・随筆家)』

『暦の吉兆によって人生が決められるものではありあません。その人の心の持ち方如何によって吉凶生まれるものです。ですから、神信心もその人の心掛け次第で上昇(吉)もし、下降(凶)もするのです。』

当然ですよね。私が前で述べているのと同じ事を言っているのですが、南北朝時代にも「占い」に頼っていた人が大勢いたということを示唆しているのでしょうか。

首相の椅子を投げ出した安倍元首相も、「占い」に凝っていたなんて報道もありましたし、政策決定も左右されていたような歩道もありました。為政者には多いようですし、経営者なんて人にも結構、暦や占いに頼る人が多いようです。

基本的に「暦」や「占い」に頼るということは、「根拠が全くないということです。」根拠があれば決定しても誰も何も言いませんし、うまくいかなかったとしても、大きく問題にする人もいないでしょう。

根拠が無いときに「仏滅」にするか「大安」にするかを選べと云われれば、慶事はなんとなく「大安」にしようかと思うのが人の気持ちだと思います。しかし、何の根拠もありません。

まったく同じ問題が発生したとしても、「仏滅」を選んでいると、「こんな日を選択するからだ」と云われ、「大安」だと、「この程度で済んだ」に成り兼ねないのです。

吉凶とはこの程度のものであり、なんの根拠もない暦上の様々な事を取り入れて生活しているだけなのでしょう。

自ら決定することの少ない大多数の人にとっては都合のよいものであり、失敗したとしても何か他人や別のものがいくらかの責任を被ってくれると考えているのでしょう。

幼稚だと思うのですが、説明できないものを問い詰めても何の答えも帰って来ませんよね。