(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年02月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

「007/慰めの報酬」満足度100%越え


前作から007がダニエル・グレイグに代わり、2枚目のピアース・ブロスナンからジェームス・ボンドの印象が変わってちょっとがっかりの感がありましたが、作品自体は楽しめました。

前作の「カジノ・ロワイヤル(CASINO ROYALE)」の最終シーンが、過去の007シリーズとは少し異なっていた記憶があるのですが、今回も引き続き別の最終シーンでした。

ショーン・コネリーに代表される007シリーズは、最終シーンは美女とのラブシーンが殆どであったのですが前作からシビアな雰囲気を見せています。

今回の「007/慰めの報酬」は、スピード感では過去に無い出来であると思います。ブルース・ウィルスのダイハードシリーズも回を重ねるごとにぶっ飛んできましたが、007シリーズも変身を見せているので消化。

陸海空にチェイスシーンはスピード感満点で次から次へと繰り出されるシーンに釘付けになりました。

Mは歳をとりましたが、まだまだしっかりとした上司役で出ていましたが、Qが出ていません。どうしたのでしょうか。なんて楽しみもあるのですが、いつものお色気シーンの少ない雰囲気の異なる007シリーズの誕生でしょうか。

前作が史上最高の興行収入であったということですが、出来としては、私個人としては今回の「007/慰めの報酬」の方がより素晴らしいと思います。

007役が変わる度に少しづつ個性が異なるのもこのシリーズの魅力かもしれません。

楽しくなる雰囲気はありませんが、しっかりとした作品にまとめられていると思います。

最近の不況のせいでしょうか、入りはもう一つであると思いましたが、シリーズの出来としては何回も書いていますが満足度は100%をはるかに上回ります。

ボートでのチェイスシーンは、毎回良くできていますし、空中でのチェイスシーンもかなりのできです。もちろん自動車でのチェイスシーンは絶品ものですし、屋根の上や人ごみの中のチェイスシーンも手に汗握る場面の連続です。

私は、前にも紹介したかもしれませんが、イワン・フレミング作の小説本が古本屋で並んでいたのをすべて読破しています。本で読んでも面白いシリーズです。

それにしても、脚本家や監督はこのシリーズを作るのは緊張するでしょうね。

私のような観客に応えるためには相当なアイデアが無ければ完成できないでしょうし、作った側としての満足感も低いものになるでしょう。

今では数少なくなったシリーズものの中では唯一の生き残りですのでこれからも楽しませてほしいものです。

もったいなくない作品です。