(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年06月16 日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

知ろう心肺蘇生法


最近、秋葉原の事件や地震の影響で心肺蘇生法を知っておくべきであるという思いが高まります。私自身はボーイスカウトの関係で日赤救急法の講習を受けていましたが、子どもが小さいときに必要だと思い妻にも受けて貰いました。

第一製薬の発行している「心肺蘇生法ABC+D」という携帯用のカードです。病院や薬局に置いてある事が多いので、手に入るのであればいつも定期入れや名刺入れに入れて持ち歩くことも非常時に役立つと思います。

心肺蘇生法を実施しなければならない時は、患者の生死が左右される場合が多いので、誤りなく実施しなければなりません。

間違ってはいけないのは、決して生体(生きている人)で練習してはなりません。それこそ動いている心臓を止めることになりかねません。必ず、「呼吸をしていないこと」と「脈がないこと」を確認するようにしましょう。

脈があれば、「人工呼吸」だけで充分です。「心臓マッサージ」は安易に練習しないことが重要ですし、日赤救急法の講習会等で練習することが重要です。

こちらは日本医師会の発行している携帯用のカードです。これも病院や薬局に置いてある事が多いので手に入る機会もアルのではないでしょうか。必要にならない場合を期待した意のですが、急に実行することはできません。知識として知っているだけでは実際にできないことを覚えてい置くべきです。

前にも説明していますが、安易に練習する事もできません。実際の練習は、心肺蘇生法練習用のダミーが数種あります。実際に日赤救急法の講習会や消防署の開催する講習会で練習できますので、こどもができれば夫婦で受講することを薦めます。万が一の怪我や事故の際に慌てずに対処できれば生命を救える可能性は高くなります。

心肺蘇生法は、変わっていきますので数十年前に受けた講習会の方法が今でも推奨されている訳ではありません。誤っている分けでもないのでしょうが、より安全に確実な方法が開発されていると考えて、時々は知識を見直すべきであると思います。

チャンスがあれば積極的に講習会等に参加されるいことを薦めします。子どもが怪我をして大量に血を流している時に親が気が動転していては話になりません。子どもにも不安を与えます。