(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年04月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

国民健康保険料10億円着服


「茨城県国民健康保険団体連合会(石塚仁太郎理事長)が管理する保険料の口座から約2800万円を着服したとして、県警は22日、業務上横領容疑で連合会の元会計課主任、森知勇容疑者(34)を逮捕した。連合会も同日、森容疑者が過去3年間に約10億円を着服していたと発表、森容疑者を懲戒解雇した。現在発生している損失分については繰越金で補てんし、医療機関への診療報酬支払いに支障はないとしている。」

人事のような顔をした幹部8人が並んで記者会見で、「2005年4月から2008年3月までの間、少なくとも100回以上にわたり、1回当たり100万−300万円を複数の口座から着服発覚を免れるため決算時期に、使い込んだ分を高額医療に関する特別会計の口座から充当していた。」なんて言ってのけていました。

この幹部の皆さんは、役所や官庁からの出向なのでしょうか。自分たちは気がつかななったことを何の反省もなく発表していました。これって、一般会社なら責任問題でしょうし、繰越金で補てんしたので、医療費の支払いに支障は出ないので問題ないということでしょうか。

もちろん着服した当人がもっとも責任も重く、賠償もしないといけないのでしょうが、賠償できそうな金額ではないので、この人たちにも賠償責任があるのではないでしょうか。何よりも3年間も気づかなかったというのは、監査もきちんと行われていないということではないでしょうか。

年間単純平均約3億円以上の金額を、一日あたり100万円もの金額を使えたというのもすごいことですね。市町村が集めた保険料を診療報酬として支払う業務を担当ということですが、これって基本的に振替で行われる業務であると思うのですが、預金の引き出しが発覚しなかったのはおかしいですね。

良く理解でき名のですが、なぜ、監査対象から外れた預金口座が存在するのでしょうか。このズラリと並んだ幹部の皆さんはどのような仕事をしておられたのでしょうか。何もしていないのでしょうね。役員に当たる幹部や管理者に当たる幹部は責任を取るべきですよね。

このような組織は、仕事の内容も創造的な物ではないでしょうし、極論すると最近のコンピュータネットワークの進んだ時代に不要な仕事ではないのでしょうか。処理だけなら端末から振込先を指定するだけで問題なく業務は終了しますし、チェックを受けたきちんとしたデータがあれば自動化可能ですよね。

そこに人が介在して、貯金通牒から現金を引き出す行為が必要かどうか考えるべきでしょうし、責任者であれば自分名義のというか、理事長名義の口座ぐらい、最低でも月に1度ぐらいは確認する義務があるでしょう。

税金にしろ国民年金にしろこの国民健康保険にしてもなんとなく不透明感が拭えませんよね。「内部統制報告制度」なんてものを、民間企業に課する前に、行政の内部統制の方が問題になりそうですね。「けじめの付け方」はどうなるのでしょうか。

健康保険の将来の赤字が必死ということで、「後期高齢者医療制度」などを初めても、こんな事件が発覚しては説明がつきませんよね。何をしているのでしょうか。とにかく、本人から回収できそうにないのであれば幹部の皆さんで、10億円は穴埋めしていただきたいものです。