(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年04月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

2008年『死亡原因の三大疾病』


日本人の死亡原因は、生活習慣病が主原因で、平成18年の死亡数・死亡率(人口10万対)を死因順位別にみると、第1位は悪性新生物で32万9198人、260.9、第2位は心疾患17万2875人、137.0、第3位は脳血管疾患12万8203人、101.6となっているそうで、三大疾病と言われている「がん」「心臓病」「脳卒中」とされています。

平成18年の死亡数は108万4488人で、前年の108万3796人より692人増加し、死亡率(人口千対)は8.6で前年と同率となったそうです。

厚生労働省が行なった平成17年の死亡数を死因順位別に見てみますと、日本人の死因の第1位は、悪性新生物(がん)で32万5885人、第2位は心疾患(心臓病)17万3026人、第3位は脳血管疾患(脳卒中)13万2799人という結果でした。

厚生労働省の主な試飲別死亡数の割合では、「悪性新生物(30.4%)」「心疾患(15.9%)」「脳血管疾患(11.8%)」「肺炎(9.9%)」「不慮の事故(3.5%)」「自殺(2.8%)」「老衰(2.6%)」「その他(23.1%)」となっていますが、その他の23.1%は、死因不明なんですよ。

「悪性新生物(30.4%)」は、日本語がおかしいのか私は「ウィルス」かと思いましたが、「癌(ガン)」のことのようです。部位ということで表を整理していたのですが、この表を作った人は賢くありませんね。それぞれで見ても「死亡数順位」と「死亡率順位」の表があったのですが、人数の横に率を並べれば良いだけじゃないですか。

死亡数順位
死亡率順位
肺(45,927人) 大腸(18,653人) 1 肺(74.6%) 大腸(28.9%)
胃(32,732人) 胃(17,670人) 2 胃(53.2%) 胃(27.4%)
肝(22,574人) 肺(17,307人) 3 肝(36.7%) 肺(26.8%)
大腸(22,380人) 乳房(11,175人) 4 大腸(36.4%) 乳房(17.3%)
- 肝(11,086人) 5 - 肝(17.2%)
- 子宮(5,510人) 6 - 子宮(8.5%)

使用している数字等は、厚生労働省の平成18年人口動態統計月報年計(概数)の概況の「死亡数、死亡率」を参考にしています。

男性の肺がんによる死亡数が高いのは、やはりタバコのせいなのでしょうか。アスベスト(石綿)に関連するのはどの程度なのでしょうか。興味のあるところです。分析はされていないようです。

私の父は、玄関で倒れているところを発見されました。死亡原因は、突然の心不全で片付けられています。要するに突然死で原因不明です。死因の究明は行われていません。その他の項目はこのような死亡者が多いと思います。本当はきちんと調べることが医療の発展には必要だという意見を聞いたことがあります。私もそう思います。理想的な死に方かもしれませせんが、老衰は病気ではないですよね。

情報は見つけられなかったのですが、テレビのニュースでは、東北地方が塩分の摂取が多いようで、三大疾病での死亡率が高くなっていました。また、東京都の乳ガンが高いといっていたような気がします。地域的な偏りが結構あったような気がしますので、食生活にも気をつけたい所です。そのために生活習慣病といっているのでしょうか。

厚生労働省は小泉元首相の時に後期高齢者医療制度なる奇策を発案し、2008年4月から適用しています。これから大騒ぎになるでしょうね。なんせ、無収入の人からも保険金を徴収しようとしているのですからね。


関連情報レポートリンク