(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声【Release date:2008年01月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

勉強とは自分で学ぶこと


私は勉強とは学ぶことであると思うのですが、最近の高校生や中学生を見ていると「携帯電話」のメールには興味があるけれど勉強にはまったく興味がないような気がします。

書店の勉強の為のコーナーは縮小の一途をたどり、コミックや漫画のコーナーばかりが目につきます。小学生や中学生の頃に貪るように読んでいた、偉人や科学に関する書籍もほとんど並んでいません。

それどころか書店がどんどん廃業しています。日本の親は子供に必要もないのに「携帯電話」を買い与えて時間を無駄に過ごすことを黙認しているように思えます。その挙句に使い方を制限すべきであるとか、メールの内容をチェックしなさいとか誠に無頓着なアドバイスが並んでいます。

仲間外れになるから、「携帯電話」を買い与えなくては成らないという親のバカさが子供に移っているようです。もともと勉強っていうのは考え方や結論を出す過程を学習することではないのでしょうか。それなのに、テストの結果が悪いといっては、塾に通わせ、勉強しないからといっては塾に通わせます。

勉強って自分に興味のあることを知ろうという意欲や、なぜそうなっているのかを考えることにより、知識として身につくものなのに、教室の縁談で教師や塾の講師が話すことを聞くだけで問題を解く技術を学んでもそれは勉強した事にはなっていないのではないでしょうか。

驚くことに塾に通わせて勉強していると思っている親の多いことです。最近の実状は知りませんが、昔、夜の3時に「塾から勉強しているか。」という電話が掛かってくるなんて話をしている親がいました。子供は素の時間まで勉強せずに待っていて、電話が切れるなり寝ていいるなんて話を真顔でするので驚いていたのですが、最近の事情はどうなのでしょうか。

推薦入学でほとんど受験勉強もせずに大学へ進学する者の数が増加しているそうです。どういうことなのでしょうか。一所懸命勉強している学生とまったく勉強しないで進学する学生が存在するようです。おかしな世の中ですよね。その結果でもあるのでしょうか、テレビでは「おバカキャラ」と呼ばれている若い出演者で花盛りです。

演じているのなら許せるのですが、どーやらそうではなさそうです。国会議員ですらイラクとイランの場所が解らないバカがいるのですから仕方がないのかもしれませんが、寂しい話ですよね。

携帯電話や塾に支払うお金を書籍やドリルに回しませんか。もっと子供たちが利口になりますよ。塾に通わせるよりも私学の小学校や中学校に通わせる方が安くつくなんて言い放つ親もいます。居残りで勉強までさせてくれるそうです。昔は少し問題になりましたが、私学はエレベーターで大学まで進学できるという批判があったのですが、少子化のためか生徒の確保に走っている私学が多くなっています。

最近の傾向として勉強は自分でするものではなく、教えてもらうものであるという傾向がますます強くなってきているようです。インターネット上には自分で学べるサイトが山のようにありますが、アクセス数の多いサイトはオンラインゲームやプロフやブログといったサイトばかりのようです。

いっそのことインターネットで学ぶことを教え込むような発想に切り替えるべきかもしれません。人から学ぶだけではなく自分自身で学んで行くことを教えておかないと成人してから苦労するのは本人であることをすべての親は解っていると思うのですが違うのでしょうか。