(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声【Release date:2008年01月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

阪神大震災から13年


私の記憶にも残っている「阪神大震災」から13年になりました。一体何がどう変わったのでしょうか。私の同僚の中にも家が倒壊して娘さんが亡くなられた人もいました。同僚の中には被害者がいなかったのですが、電話網はずたずたになってしまいました。

ちょうど交換機の設計をしていたので、交換機の設計に行くと言ったのですが、大阪の工事も大量にありましたので残置要因になりました。その結果、応援に行った同僚の仕事も被ったのに、行った者には「報奨があったのに」残置の者には何もないという理不尽な扱いに憤懣したのを覚えています。

あの朝は寒い日で、何故か本震の直前に夫婦揃って目が覚めて、「大揺れ」を体験しました。階段は上に積んであった靴箱が散乱して降りるのに難儀したのが記憶に残っています。凄い揺れで家が潰れるのではないかと心配したものです。妻は娘の部屋にあるタンスが倒れないかと心配していたのに、娘は大の字で寝ていたらしく「大揺れ」を知りませんでしたので、良かったのか悪かったのか良く理解で来ません。

NHKの神戸のビルの中のゆれ具合が何回も放送されましたので記憶に残っていますが、近所でも屋根瓦が落ちてしまった家があったので相当な揺れであったことは間違いないのですが、家屋やビルが倒壊した神戸の被災地はあれだけの被害から想像するともっと凄い揺れに見舞われたのでしょう。

ところであの日に出勤するかとテレビを見ると「地下鉄は運行停止中」と報道されていましたので、「電車が止まっていたら帰ってくる。」と言って近鉄奈良線の小阪駅へ到着するとなんということか、難波行きの電車が到着しました。仕方がないのでというと避難を浴びそうですが乗り込んで上本町六町目まで乗って、そこから清水谷高校の横にあったビルへと徒歩で向かいました。

駅から直ぐのビルの火災報知器が鳴りっぱなしで、大量の水が流れ落ちていました。ガラスの割れたビルも多数ありました。神戸からはかなり離れていますが、相当の被害があったようですがなんとか会社にいつもの時刻通りに辿り着きました。近くにすんでいて徒歩で通っている主査と二人きりのオフィスでした。

昼過ぎになって出勤に漕ぎ着けた者が数人居ましたが、このバカ会社は「遅刻したやろ、特別休暇の申請書を提出しろ」と言ってきました。私は8時半に着いたのに何を言っていると切り替えしましたが、バカらしくなりました。彼の主張する私の特別休暇の申請時間は5分だと言うのです。

「この申請書を書くのに5分以上かかるやないか。」と思うのですが、会社の中にはこのような非生産的な仕事に時間を費やそうとする愚か者が多いようですね。日本の生産性の低い理由がここにあるのではないでしょうか。官公庁や大企業の殆どがこの手の制度を取っていて無駄な時間を費やして居るような気がします。

いずれにしろ10年目に年に、秋葉原や東京の八重洲ブックセンターの前で「募金」をしていましたが怪しくて仕方がありません。「今頃誰に渡すのか。」と問いましたら、「許可証は持っている。」と言い返して来ましたが、誰がこんな輩に許可証を発行して居たのでしょうか。私はこの手の募金はしません。

テレビで取り上げていたのですが、「宅地災害と地名:小川豊著」という書籍があるそうです。但し、発行会社が倒産しているそうで手に入らない可能性もあるそうですが、地名というのは災害の危険性を伝えている場合がおおいということが書かれているそうです。私も一度図書館で読んでみたいと思います。

例えば、「梅田」という大阪駅周辺の地名は「埋め田」という地名で、もともと地盤が悪くて「地震によって液状化の災害」が発生する可能性があるそうです。そう言えば現在改築中の梅田阪急百貨店の地下には太い松の木が地盤改良のために丸太で埋めてあるので掘り返せないと聞いたことがあります。

イタリアの有名な都市であるベニスも同じように松の木を建物の地下に地盤改良のために打ち込んで居るそうです。この松の木は腐らないので掘り返したりするのは大変であるということのようです。とりあえずは地震は防ぎ様の無い災害ですので、建物等はきちんと対処すべきなのでしょう。

そう言えば「阪神大震災」後の数年間は、ちょっとした揺れにも凄く敏感になっていたような気がします。メンタル面でかなりの打撃があったようですね。中越地震や中越沖地震の被災者の皆さんは今でもメンタル面の打撃が残っていると思います。被災者は直接の被害以外にも結果的にはかなりの被害が残っていることを知ってほしいものです。