(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2007年12月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

鬱(うつ)の時代


なんか、最近面白くないことがなんて思っていませんか。自分を責めていませんか。自分が人より劣っているとか、うまくいかないことが全て自分の責任であると考えていませんか。

鬱(うつ)の症状がありませんか。鬱度チェックのサイトがありました。一度、チェックしてみませんか。

鬱度チェック

ひとつの診断が正しいとは限りませんので、もう一度別のチェックもしてみましょう。

あなたの「うつ度」を判定

どうでしたか、ここで「笑い飛ばせれば」貴方は大丈夫です。「笑い」は肉体と精神のバランスをうまく保つための基本的な薬ですよね。笑いを無くすと大変なことになります。

鬱(うつ)というか、精神を病む前兆は必ずあるような気がします。まず、必ず「笑い」が消えているような気がします。

昔、あるおじさんの奥さんが40歳代でなくなりました。おじさんは寂しくて寂しくて、カセットテープに残された奥さんの声を聞き続けました。子供が小さいのにそんなことはお構いなしで、寂しさを紛らわせるために毎日毎日繰り返し、カセットテープを聞きつづけました。おかしくなりました。

私は、子供のビデオを取りませんでした。万が一ということがあって、このおじさんのようになるのが怖かったのです。結局、長男は電車の事故で亡くなりました。お母さんの命日の前の日です。関連があるのでしょうか。子供のことを考えると辛くなります。

また別の話もあります。入社して半年くらいで、朝早く出社して、最終電車で帰る日々に疲れてきました。仕事といっても一人では出来ないので、インターネットを検索して終わりです。でも、皆が帰らないので会社で時間を潰しています。

会社を辞めたくなりました。でも、上司は頑張れと言っています。自分は直ぐにでも辞めてしまいたいのに我慢しました。上司にしか言っていないのに周りの皆が知っているようです。

これはおかしいと思いました。自分の考えていることを皆が知っています。理由は解りませんでしたが、今日部屋でテレビを見ていて気がつきました。テレビから声が聞こえてきました。「お前の考えていることは筒抜けだ。」必死で盗聴器を探しました。何も発見できませんでしたが、考えていることを皆が知っています。

電車の中で、周りの人間が全員僕のことを知っています。考えていることも知っています。理由を一所懸命考えました。体の中に盗聴器が埋め込まれていることに気がつきました。眠れなくなりました。気になって仕方がありません。おかしくなりました。

傍から見ていると、自分事しか考えていません。他人の事を思いやる気持ちが少しでもあればおかしくなる事はありません。そう意味でも家族は非常に重要な位置を占めると思います。

結婚して子どもが出来ると、家族やこどものためという考えが自分の中の比重が大きくなります。しかし、間違ってはいけないのが、その裏には自分のためという場合が隠れているときがあります。親としての自己満足が優先している時には発症することがあります。

笑い飛ばしましょう。何があっても、悲しくても、辛くても、夢裡にでも笑えることを考えましょう。笑って楽しく生活しましょう。それが健康な肉体と精神を維持する唯一の方法かもしれません。

大阪へ戻った時に、職場の若い子が同じような病気になっていたということを聞きました。私ともう一人新しいメンバーが転勤してきて、彼は私ともう一人の言動に笑うようになりました。冗談を言うようになりました。雨が降ったら体調が優れなくて休む癖も直りました。私たち二人が「あしたは休み」というので、彼はなぜかと問うた答えが「明日は雨や」に笑えるようになりました。

完治したかどうかは解りませんが、回復しました。笑顔が戻って来ました。嬉しいことに彼は彼女が出来て結婚しました。子供でもできれば彼は大丈夫でしょう。人間なんて精神的には弱いものなのですから気をつけましょう。

私自身は、かなり精神的には強いと思っていましたが、十二指腸潰瘍にもなりましたし、昨年末には隣人が孤独死してその匂いでかなりのショックを受けました。でも、「笑いましょう。」笑い飛ばすことが健康維持の秘訣ですね。