(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声【Release date:2007年11月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

過疎化で統合反対なら


今日の夕方のニュースで、「過疎化に苦しむ学校」についての報道がありました。都市部にある私の居住地域でも同じようなないようで、私は常に疑問を持っているのですが、自治会でも「勝手な論調が主流です。」

私の卒業した小学校も地域を二分してもうひとつ小学校を作ったので、私の通っていたことから生徒数は少ない方でしたが、数年前から1学年1クラスという状況が長く継続していました。最近、二つに分けた小学校を元に戻す論議が再燃しているようですが、自治会が反対しているようです。分かれた小学校校区の2006年の新生児が0でしたので、6年後の新入学生がいないのですから仕方がないですよね。

市の教育委員会も、自治会には簡単に逆らえないようで、結論を出せずに困っているようです。しかし、税金で運営している公立の学校ですから、税金の負担が少なくなってその分、子供たちの良い環境が与えられるのであれば、さっさと統合してやるのが本当であると思うのですが、そうは簡単に事は進まないようです。

何故なのでしょうか、自分の卒業した小学校や中学校がなくなるのに抵抗するのは当然なのでしょうか。私なんかは在学中に市の合併で学校名が変更になり、校歌まで変わってしまったので、そんなものかと思っていたのですが、人によって思い入れも違うのでしょう。

しかし、小学校の同級生が元の家のまま住んでいるのは殆んどいませんし、女性はもっといませんよ。何を拘るのでしょうか。大阪府の高等学校の整理の際にもかなりの反対運動があったようですね。私の娘の高校は、比較的新しく卒業生も少ないという理由で簡単に統合されてしまったようです。

私立の学校では、いろいろとあるのでしょうが、学生が集まらなくて廃校になるのは当然でしょうし、経済の論理が強く働くのも当然ですよね。これに意義を唱えてみても仕方がないことです。当然、廃校を阻止しようとするならば、資金を出して維持するしかありません。これが単純明快な論理ですよね。

私は公立の学校はもっと単純明快な論理で整理していくべきだと思います。校区を変更して少ない人数の学生を取り合っても、数年後にはまたぞろ同じ問題が発生します。なによりも生徒が少なく、友達も少ないのが問題ですよね。都市部ですから通うといっても数十キロも歩くようなことはないのですから、適正な人数に調整するのは当たり前でしょう。

難しいのは学生の予測ですよね。私の妻の中学校は、農地が多かったので、マンションが続族と立ち、生徒数が増えすぎたので市が焦って、新たな幼稚を確保した途端に、自動数が減少して必要ないという予測の元に折角手当した学校用地を手放したのですが、そこにマンションが建って、また生徒が溢れたために運動場にプレハブ校舎を建てて凌いだなんて笑えない話もありました。

このような状況で、学校の統廃合反対ばかりを唱えている人は何を根拠に言うのでしょうか。税金で運営しているのですから、もっとも効率の良い状況で運営しないと、税金が無駄に浪費されることになります。この問題の唯一の解決策は、反対する人が運営費と維持費を負担することですよね。これで問題は一気に解決します。無駄な税金の浪費もありません。効率で市町村が運営する小中学校は、税収と相談することが最も重要でしょう。

身の丈にあった公共設備をきちんと整理できないと、税金の負担が重くなるか、夕張市のような財政再建団体になっていますのですが、このあたりをきちんと把握して発言している人が少ないような気がします。感情論では税金の無駄遣いは減少しませんし、