(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声【Release date:2007年11月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

遊びといじめ


最近、「自殺」絡みのいじめの問題が脚光を浴びていますが、「遊びといじめ」の境目に話題がいくことはありませんね。誰でも誘って仲良くすることが出来るのでしょうか。2006年度に全国の国公私立の小中高校が把握したいじめの件数は約12万5000件に上ることが15日、文部科学省の「生徒指導上の諸問題の現状」調査で分かった。この調査にも問題が合って、基準が統一されていないということなので、数字の正統性は高くないと見るべきでしょう。

社会人になって大人の世界ではもっともっと気の合う緩い関係の仲間と付き合いたがるのは日本人の習性というか、まあ、妥当なところなんでしょう。特に一度断ると二度と誘われることが無いというようなことに気がつきませんか。従って気の弱い人は必ず付き合うということになります。それが重荷になっている人も多数いるような気がします。

私は、常に少数派として生きてきたような気がします。何故か勤務先に通勤ルートが少数派なのです。皆が向かう方向と同じではありませんでした。これはしかたがないことですよね。大人ですから別に回り道をしてまで付き合う気はありませんし、誘われて時間があれば付き合いもしますが、時間が無ければ付き合いませんよね。

サラリーマンの世界では、このような整理が出来ない人が多いようで、群集まる習性は弱い者の中では当然のことです。私は否定もしません。しかし、孤高を守れる人なんて一握りでしかありませんし、現実の日本社会の中では容易なことでは無いと思います。子供の世界でも同様で、遊びに付き合うことの少ない子供は声をかけられることも少なくなります。

私は最近のいじめ論に違和感を持っています。遊びの中でなんとなく疎外感を持った者がいじめられたと主張しているような気がします。しかし、疎外感を味わう原因は多種多様です。「遊び人誘ってもらえなかった。何故か、一度断ったから。」というのが多いような気がします。ことわり方が悪かったのではないか。断るときに嘘を付いていないか。

なんとなく気が向かないときには、嘘をついても断っていないか。その嘘はばれているのです。そのことに本人が気がつかないから自分は自らを正当化して他人に責任を転嫁するから、自分自身の本来の原因を見逃してしまうのでは無いのでしょうか。その結果、神経内科の大流行という結果を招いているのではないでしょうか。

「金払え」というメールを送って鑑別所に送致された子供たちは不幸ですよね。自殺した子供以上に不幸です。本気で脅していたのなら大問題であることは間違いありませんが、そうでなければ自殺した側に大きな責任があるような気がします。自殺を正当化することになります。それは誤りですよね。

私も中学生の時に、私の隣のクラスの2回の窓からひらひらと紙が落ちてきたので、拾って届けて渡すときに冗談のつもりで「はい10円」といって手渡しました。お金を貰おうとしてもいません。手数料が10円ですよって軽いつもりで言っただけですが、職員室に呼び出されました。でもね、金を貰うまで待っていたのなら、教師にしつこく言われても反省もしたのでしょうが、そんなつもりもなければ、そのような行為をしてもいないのです。「しょうむないことを言うな」で済んだと思うのですが、教師もかなりしつこかったのを記憶しています。私にしてみれば「せっかく拾って届けてやったのに」としか思えませんでした。

最近のいじめの話を聞くと、セクハラやパワハラと同じ論理ですね。これは差別論、差別用語にも継りますよね。まったく不問の論理であることに気がつくべきですね。言葉や単語をやり玉に上げた差別用語は、不毛の議論で、本質的な問題を言葉にすり替えただけであると思っています。

その結果、「めくら」のつく、「めくらくぎ」や「めくらうなぎ」も攻撃されましたし、「いざり」が悪いといえば「いざり魚」もおかしいような論になりましたよね。「あほうどり」はどうなんでしょうか。単語を攻めるのではなく、その裏にある発言者の真意の方が重要であると思います。

遊びが発展していく中で、仲間外れや、自分から離れていく者に対して、過剰な反応をするから「いじめ問題」がもつれていくのではないでしょうか。携帯メールや掲示板で人の悪口を書くというのと、批判するということが同一のまないたの上で処理するから議論がかみ合わないような気がします。

いずれにしても、死んだら負けです。それ以降に何ももたらすことが出来ないのです。しんどいから死んだとしても、本人はそれで終わりでも、回りの人間を生き地獄に落とすこともあることを考えなければならないと思います。自殺の場合は原因は自分ですよね。人の性で死んだと思っていても、それは自分だけですよ。解決してからでも遅くありません。