(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2007年11月08日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

これはどうだ『人体の不思議(眼)』


人体の各部分にはそれぞれ驚くべき機能が備わっていますね。最も神秘的な部分は「脳」であることには異論が無いでしょうが、「眼、目」にも驚くべき不思議があるような気がします。

私はずーっと、視力が良かったので全く気がつくことは無かったのですが、眼が疲れやすくなり、眼科に行って、初めて左右の視力が大きく異なっていることに気がつきました。そして、健康診断を毎年受けていたにも関わらずこんな単純なことに気がつかなかったことを考えさせられてしまいました。

コンピュータの仕事が多くなり、画面を眺める時間が長くなるに従い焦点を移動することが少なくなると、目の疲れも感じますし、考えるのも嫌になってくることがあります。目の疲労が脳に大きな影響を与えているのではないでしょうか。眼球運動もしませんから、筋肉も衰えてくるようです。

40歳くらいの頃に、10cm間隔で穴の空いている防火壁に2m程度の距離で焦点が合わなくなっていました。みんな同じように見えていると思っていたのですが、結局、ひとりひとりの見え方は全く違うのですよね。色も少しづつ違って見えているようですね。全く同じであるというのが誤っていると気づくのは相当な時間がかかりました。だから、ひとりひとりの感じ方や考え方が異なることに気がつかないといけないのですよね。

視力には、近距離と遠距離があるんですよね。面白いことに私の視力は左右で大きく異なるのです。左眼は、遠距離は0.3程度に落ちましたが、近距離では1.0以上有ります。右目は遠距離は1.0以上あり、近距離は0.7程度しかありません。60cm程度の距離は左右が揃うようで、かなりはっきり見えます。

不思議なのは、どの時点で切り替えて見ているのか解からないのです。遠いところにあるものは右目で見ているので、駅で時刻表を見ているときに、たまたま右目の視野が、柱で妨げられていたときに何故か良く見えなくておかしいなと思っていましたが、ちょっと移動していたのでしょうか、次に見たときにはっきり見えたので眼が疲れたのかなんて思ったこともあります。

専門家の話を聞いていると見えている形も若干異なるそうです。ということは、自信を持ったデザインであっても、顧客にはどのように見えているかは人により異なるということですね。当然、同じ人には同じものは同じに見えているのでしょうが。別の人には同じように見えていないということですね。

だから全員に受け入れられることは有り得ないのでしょう。興味のある人と興味の無い人が出来るのはこれだけが原因では無いでしょうが、見え方にも大きな影響を感じざるを得ないようです。

例えば虫の好き嫌いなんかも、嫌な体験からくることもあるでしょうが、蝶々をみて優雅であると感じる人も入れば、粉(鱗粉)が飛び散って嫌だという人もいるでしょうし、蛾と蝶の見分けも付かないので嫌だという人もいるようです。見かけや色も関係するかもしれませんし、動きまわるのが嫌な人もいるでしょう。

眼(目)と脳は密接に関係していいて、情報を脳にインプットする大切な器官のひとつですから上手に維持していかなければなりませんね。会社の中でも、このようなことを考えながら仕事をしていかなければヒット商品は生まれないのでしょう。

ブランドに眼が眩むと眼からの情報の大部分は遮断されるかもしれませんね。このあたりがブランドの魔力かもしれません。しかし、きちんと判断する目力が必要な局面は多々ありますから、見る眼を養うことは、私たちにとって非常に重要な部分でしょう。


関連情報レポートリンク