(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声【Release date:2007年10月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

高校歴史教科書検定問題


沖縄戦「集団自決(強制集団死)」への日本軍の強制を削除した高校歴史教科書の検定問題について、大騒ぎになっています。そもそもは、大江健三郎氏の「沖縄ノート」という書籍に対する名誉棄損裁判の判決が引き金となっているらしいのですが、「安倍政権」が密接に絡んでいるようですね。

当時の伊吹文部大臣が放置したのですが、参議院選挙で自民党の大敗を受け手、国民の声を押さえつけられなくなったのでしょうか。先日の10万人以上が結集した事実もこれを後押ししているようです。しかし、漏れ聞こえてくる、渡海紀三朗文部大臣の、地元議員に対する「あまり過激なことはするな」発言は許せませんね。

大問題になっている、大相撲の北の湖理事長に対する態度とは大違いですよね。表面的には大人しそうな印象があるのですが、このような発言をすることは許されませんよね。兎に角、地元の人たちにとっては大問題です。教科書改定には、事実上、政権の考え方が反映するのでしょう。

当然、歴史には為政者の歴史とそうでない立場の歴史があり、事実上、歴史に残るのは圧倒的に為政者側の見解である訳ですが、安倍にはこのあたりのところが理解できそうに無いですよね。日本国民の大半が、事実として生き証人の側に立つのは当然であると思うのですが、理解でいないのでしょうな。だから、「首相やめーた」なんてことになるのでしょう。

歴史を教えるなんてことは、事実をキチンと把握して、両面から見たことを教えるべきですよね。勝者の歴史が正史となっていることが多いのですよね。昔は、負けた側が全滅させられたことも多いようで、今私たちが理解していることが正しいとは限らないことをきちんと理解した上で歴史上の事実を理解していくべきでしょう。

沖縄の住民に、手榴弾を渡したり、毒薬を配布したのは事実ですし、決して「自決せよ」と命令しなかったとしても、この事実からは逃れられませんよね。その上で、この事実を渡された側から考えれば、言葉が無かったと仮定しても、その理解は同じではないでしょうか。私は、同じであるとおもいます。ですから名誉棄損は当たらないのではないでしょうか。

沖縄で「ひめゆりの塔」が観光地のようになっていましたが、すぐ側に太平用に面した青く美しい海が広がっている景色を思い出すと、洞窟の中でなくなった人たちの無念さが旨に響いてくるようでした。あくまでも、否定するならば、彼/彼女らの死はなんであったのかを説明してほしいものです。

政府には、過去の政府の負の遺産を引き継ぐ必要があります。自民党政府は、戦後の殆ど政権与党であったのですから、全て自らの責任ということですよね。無責任な行動は墓穴を掘るということなんでしょうね。折角、初の戦後生まれの首相なんて脚光を浴びたのに、国民感情なんて知ったことかなんて態度がありありと出ていますよね。この態度に文部科学省が同調したのがこの騒動の原因なのではないでしょうか。

それにしても、沖縄県民の粘り強さには頭が下がります。私は、資産も発言力もありませんが、少しでも後押しできればうれしい限りです。国民の意思を蔑ろにする官庁の人たちには怒りしか覚えません。頑張れ沖縄県民の皆さん。