(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年01月27日】

reporter 100円/day LINK100サービス〔4URL & 20,000ページからのリンク〕 の案内です。 reporter
社会貢献活動 ふるさと応援行動(Hometown assistance action)
xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

血管ほぐして代謝促進


「血管ほぐしで代謝促進」という特集が日本経済新聞に掲載されていました。

手がかじかむ時には、自然にこすりあわせて温めようとするのですが、この動きは実は科学的な根拠があり、こすり方を少し工夫するだけで体のいろいろな部位の血流が良くなり、冷えや凝り、むくみも取れ、更に若さを保てる効果があるといいます。

この運動を「血管ほぐし」と名づけた研究者もいるということです。

血管ほぐしの効果として、

  1. 体がすぐ温める
  2. 動脈と共にリンパ管も刺激されるため、むくみが取れリラックスできる
  3. 新陳代謝が促され、若さを保てる
  4. 脳の神経細胞が活性化する「脳トレ効果」がある

と四つをあげています。

道具は自分の手なので費用もかからず、気軽に実践出きるが利点であると強調しています。

「血管ほぐし」の方法は、まずマッサージする部分に手のひらをぴったりと強く押し付けることから始める。

そして、ただ撫で擦るのではなく、骨に向かって上下左右にずらしながらしごくような感じで動かします。

少し痛いけれど気持ちいいというくらいの力で、刺激が皮膚の奥の動脈まで届くようなイメージで揉みほぐすということです。

注意点としては、傷や痛みがある部位は避ける、爪を短めに切っておくなどがあげられるということです。

毎日全身を15分くらいマッサージすることが理想であるが、冷えの解消が目的であれば、冷えている部分を集中的にほぐすことが大切であるということです。

こする動作に意味

体の各部のほぐし方

手の「血管ほぐし」

  1. ギュッと手を組む
  2. 両手の指を付け根部分でしっかりと組み合わせる

  3. 力を入れたままねじり、抜く
  4. 片方の手を締め付けながら、ねじるように抜く

  5. 指を一本ずつしごく
  6. 指の付け根を一本ずつ反対の手で掴み、回転させながらしごくように引き抜く。一本につき10秒程度、両手で約2分が目安

顔の「血管ほぐし」

  1. 鼻筋をほぐす
  2. 指先を鼻骨に押し付けながら、上から下、下から上へを繰り返す。目安は1分。

  3. 顔をほぐす
  4. 両手の指の腹を骨に押し付けながら額の中央をごしごし。額の脇の部分は手のひらを使ってほぐす。目安は各30秒。

使用している数字等は、2010年01月23日の日本経済新聞等を参考にしています。

なんとなく簡単なのですが、脚や腹を刺激すると冷えや便秘が解消されたりする効果もあるそうです。

おもしろいと思います。

科学的な根拠があろうと無かろうと、「撫でる」や「擦る」と言う行為は自然に行うことですね。

子供がお腹が痛いといえば優しく「撫でる」や「擦る」ということをするのが親心であると思います。

他の部位でも同じようなことをしますね。

効果があると解ればより真剣に実行できるのではないかと思います。

簡単ですし、やってみませんか。

擦りむくぐらいこすってはいけませんよ。