(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2007年12月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

神のことば


私の家族にカトリックの洗礼を授けて頂いた故小川悟神父様に頂いた「神のことば」という銘板があります。その内容は、これを守って生きられれば素晴らしいと思われることばが数多く含まれている素晴らしいものです。このように生きられれば嬉しいとしか言えません。

神のことば
愛は堪忍し、情けあり、愛は妬まず、自慢せず、
高ぶらず、非礼をなさず、己のためを計らず、
怒らず、悪を負わせず、不正を喜ばずして真実を喜び、
何ごとをも許し、すべてを信じ、
愛はすべてを希望し、すべてを耐えしのぶ、
愛はいつまでも絶えることがない。

宗教については難しいと思われている日本人が多いと思いますが、この神父様は私にとって様々なことを教えてくださいました。何よりも私自身がボーイスカウトのコミッショナーに就任するにあたり、スカウト運動の原理である「神(仏)へのつとめ」「自分へのつとめ」「他人へのつとめ」の原理をよく理解するために洗礼を受ける決心をして「洗礼を受けたいのですが」と相談したときの言葉が忘れられません。

「貴方は誰ですか」と問われて、前述のことを説明した後で、「子供さんはいますか。」ということで、

「ふたりいます。」

「それでは、予防注射だと思って子供さんも受けさせなさい。嫌になったら信者をやめれば良いのですから、大人になればこどもさんは自分で判断するでしょう。奥さんは大人ですから自分で判断されるでしょう。」ということで、毎週木曜日に、家族で神父様を訪問して家族全員が洗礼を受けることになりました。

洗礼を受けたおかげで子育ては楽に終えることができました。こどもを意味もなく叱ること無く、悪いことをすれば「告解」と言われる、みなさんは「懺悔」と認識しておられる、小さな小部屋に入って隣にいる聖職者に向かって罪をすべて言うことにより、罪から開放されると言われていることをしておいでと言うだけで済みました。

娘は、幼稚園に月から土曜日まで通い、日曜日には妻とミサに参加し、木曜日に神父様から「公共要理」と呼称される洗礼を受けるためのお話にと週に8回も幼稚園(教会)に通う日々が継続しました。

ある日、兄妹喧嘩をして、二人でそれぞれ「告解」をしてきたといってサバサバとしているのをみてありがたいなと感じました。でも私はそんなにできたにんげんではないので、昨夜も先日のバスから転落して亡くなった子供の父親の、「なぜ、サンタクロースが私の子供をクリスマスの連れて言った。」発言に憤懣していたら、妻から何をいかっているのと言われてしまいました。

まだまだ、理解が浅いですね。頑張ります。皆さんも一度近くの教会やお寺や神社で、ミサや法話を家族で聞いてみられれば世界が変わるかも知れませんね。私は、洗礼を受けて「心が安らかになる。」ということが良く理解で来ました。