(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年12月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市柳町 来迎寺 日限地蔵尊〔来迎寺〕


奈良県奈良市柳町にある「来迎寺 日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)来迎寺(らいごうじ)〕」です。

来迎寺(らいごうじ)門横にあります。

「永代供養墓塔 やすらぎの塔」と石標に彫られています。

ネットで情報を調べると日本各地に同名の塔があるようです。

馬鹿らしい「神霊スポット」なんて情報もあります。


柳町 来迎寺(らいごうじ) 日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)縁起

平城坊目考により伝えられるところによれば、このあたりは、町家屋もなく、路傍に柳の木が数本と石地蔵があるだけであった。

後に、この石地蔵は奈良地蔵尊三十三番の札所中、十二番の日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)とされ、天文年に入り、この地蔵尊の霊験を聞いた旱誉上人が、世の安泰を願い堂宇を建立して念仏をとなえられた。

時代は室町、まさに戦国時代であった。

これが来迎寺の開基である。

明治時代には、とくに、奈良の花街の女性たちから願がかなうとして厚く信仰され、地蔵まつりは大変なにぎわいであったという。

病気快気の願成就のお礼として地蔵堂が寄進された。

平成八年、浄土宗奈良門中輪番御忌法要に際し、来迎寺(らいごうじ)の記念事業として、檀信徒の協力の下、この日限地蔵尊は、人々のお参りの耐えることのない、永代供養墓塔の守り本尊として安置されることとなった。

平成十年九月』

※ 境内掲示より


此処はお参りできますね。

お寺の境内なのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【奈良市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院