(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年12月08日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市角振新屋町 延命地蔵堂


奈良県奈良市角振新屋町にある「延命地蔵堂(えんめいじぞうどう)」です。

隣接して隼神社(はやぶさじんじゃ)が鎮座しています。

神殿ではなく「柿の木の神木」を祀っているという事でした。

相当以前から木造の地蔵菩薩像を目にしていたのですが、何故か固定観念のように地蔵さんは石像や石造りと思い込んでいました。

折角の地蔵様を直接拝めないのは残念です。


『奈良市指定文化財

木造(もくぞう)地蔵菩薩(じぞうぼさつ)半跏像(はんかぞう)

昭和六十三年三月三日指定

像高 73cm

檜材 寄木造 玉眼

平安時代後期(十二世紀以降)に流行した片脚を踏み下げて坐る姿の地蔵菩薩(じぞうぼさつ)像である。

市内にある同様の地蔵菩薩(じぞうぼさつ)像は少なくその中でも古いものである。

檜材の寄木造(よせぎづくり)で目には玉眼(ぎょくがん)がはめ込まれており、着衣の表面には細かな文様が施されている。

平安後期の穏やかな表現を残すものの、厚みを増した体つきや着衣形式、文様などから鎌倉時代の特色が窺われる。

小像ながら十三世紀前半の美作として貴重なものである。

昭和六十三年十月

奈良市教育委員会』

※ 境内掲示より


布で奥が伺えないので像の姿は見えません。


関連情報レポートリンク

【奈良市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院