(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年08月10日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

桜井市金屋 金屋の石仏


奈良県桜井市金屋にある「金屋の石仏(かなやのせきぶつ)」です。

この石仏には約十年前位に出会っています。

正月休みに人出で大混雑の初詣を避けて山の辺の道を散策していたのですが、いつの間にやら大神神社(おおみわじんじゃ)の境内に入り込んで参道の大混雑を抜けて桜井駅へ戻ろうとバスを待っていたのですが、3時間待ってもタクシーすら来ずに徒歩で駅まで歩いた記憶があります。

その時にこの石仏にお目に掛かっています。


金屋の石仏

この中におさめられた二体の石仏は右が釈迦(しゃか)、左が彌勒(みろく)と推定されています。

高さ 2.2m 幅約 80cm の二枚の粘板岩に浮彫りされたこの仏像は、古くは貞観(じょうかん)時代、新しくても鎌倉時代のものとされ、重要文化財の指定をうけています。

右側の赤茶色の石は、石棺(せっかん)(ふた)であろうと思われます。』

※ 境内掲示より


石棺(せっかん)(ふた)」に彫られた石仏は、大阪ではかなりの数がありました。

石棺(せっかん)」が手水鉢になっていたこともあります。

日本人は礼儀正しくルールを守るなどと言う意味不明の言葉を聞くことがありますが、石棺(せっかん)があるという事は、盗掘をして運び出しているという事ですね。

墓泥棒がいたのでしょう。

それにしても前回訪問時には、あまり興味が無かったのですが、すっかり石仏ファンになってしまって、いつ訪問しようかと考えていました。

何処から持って来たのか興味津々です。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【桜井市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院